2016年05月31日

『キャプテン・アメリカ シビル・ウォー』評前編 2人のヒーローの誕生

news_header_CaptainAmericaCivilWar_20151210_01.jpg
 先週、ようやく『キャプテン・アメリカ シビル・ウォー』を見ることが出来ました。本当は5月の初めに見てしまう予定だったんですが、家の近くの映画館で吹き替えを上映しているところが全然なく、そうこうしているうちに予定が詰まってここまで伸びてしまいました。
 吹き替えにこだわったのは、単に今まで吹き替えで見ていたからという統一感の話です。MCUの作品は基本声優の吹き替えで、へたくそなタレントが吹き替えることがあまりないですし、特に今作は大勢のヒーローの活躍をしっかり見届けるために字幕を見る手間を減らすのはいい手だと思います。

 というわけで、ここから感想を書いていきますが、ネタバレを気にせずに書いていくので、まだ見ていない人は注意してください。

 スパイダーマン&ブラックパンサー:オリジン
 本作の見どころの1つが、初登場となる2人のヒーローの活躍でした。2人とも本作の後に単独での映画化が決まっていましたし、「活躍の仕方」というのが気になっていました。
 というのも、今までのMCU作品は、第1作でオリジンが描かれ→アベンジャーズに加わり→それを踏まえて続編という流れを基本としていました。例外はアベンジャーズに参加しなかった『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』や役者が変わって単独の続編も無くなったハルクくらいですが、少なくとも単独映画のあるキャラは第1作でオリジンが描かれるという部分には例外はありませんでした。
 しかし今回、スパイダーマンとブラック・パンサーは初登場が今作で、単独映画は時系列的にその後ということになりました。私は最初、時系列を入れ変えて、まず『シビル・ウォー』に登場させてその後の単独映画でその前日譚を描く形にするのかなと考えていたのですが、その可能性は数々の報道情報でなくなっていました。
 ここまでが映画を見る前の認識の話です。
black_panther-main.jpg
 で、実際に見てみてなるほどと思いました。本作で2人のオリジンをやってしまったんですね。
 まずはブラックパンサー。ティ・チャラの着るスーツは代々ワカンダ王国に受け継がれていたもので、劇中における彼の父親の死と共に、ティ・チャラに受け継がれ、我々の知るブラックパンサーが誕生したという流れになっています。
 しかし、スーツを受け継いだだけではヒーローは誕生しません。ヒーローはヒーローの由縁たる力やアイテムを手に入れると同時に、各々の試練を乗り越えてヒーローとして「生まれ変わる」のです。ソーがハンマーをもう1度扱えるようになるまで苦心したりするように、この辺はMCUのオリジンにおおむね共通する様式美のようなものです。
 ブラックパンサーに関してはその辺もしっかり描いています。ティ・チャラは最初、父を殺した犯人をバッキーだと断定し、しつこいくらいに追い回します。このしつこさはもうほとんどヴィラン並で、本作はトニーの動きと同時に、彼の動きによって動くと言ってもいいくらいストーリーをかき回します。
 その後、終盤におけるヘルムート・ジモ大佐の独白をこっそり聞くことで本当の敵を理解し、ジモに対しては自殺を止め生きて償うことを要求しました。そして最後に、キャップやバッキーを自国の施設に匿い本作は幕を閉じます。
 彼が一体どのタイミングで、殺すという復讐心から解き放たれたのかははっきり描写されていませんが、恐らく彼が真実を知ったところだろうと思います。自分の行動の過ちと危うさを否応なしに突きつけられたために考えが変わったのではないかと思います。
 何らかの過ちがきっかけになるというのは、ハルクやアイアンマンにも共通していたストーリーの構造でしたし、なんなら本作もまさに、トニーが作ったウルトロンやラゴスでのワンダの失敗など、様々な過ちが交錯した結果の先にあった結末だったわけです。
spider-man.jpg
 一方のスパイダーマンですが、確かにオリジンとして描かれています。
 彼は『シビル・ウォー』以前は、手製のスーツに身を包みちょっとした街の危機を救っていただけで、世界規模の争いには無関係でした。そこをトニーに見つかり、彼に新しいスーツを与えられ空港での戦闘に参加したところから、彼のヒーローとしてのキャリアが始まることになります。
 しかし、本作ではブラックパンサーが向きあったような試練には、スパイダーマンは直面していません。これは尺の問題と同時に、彼の知名度によるところが大きいと思います。
 ブラックパンサーは、コミックとしての知名度はそれなりにあるでしょうが、今まで映画化してきた面子に比べればどうしても知名度が劣ります。故に、今後の単独映画につなげるために、ヒーローとしてのキャラクターをある程度確立させておいて、彼の活躍をもっと見たいと観客に思わせる必要があります。そのために、本作でも比較的優先的に描かれているのだと思います。
 スパイダーマンはその逆に、知名度としてはマーベルのヒーローの中での1,2を争う有名さです。はっきり言って、本作に出なくても単独映画をすればヒットは間違いないだろうというレベルで、だからこそ『シビル・ウォー』のプロモにもサプライズ的な立ち位置で登場できたわけです。
 なので、スパイダーマンはわざわざ無理してオリジンを完成させる必要が薄いのです。もっと言えば、大人で国王なブラックパンサーよりも、子供で高校生なスパイダーマンの方が内面の成長を描くとすれば時間をかけて丁寧に、周囲の人とのコミュニケーションを含めてやる必要があって時間がかかるという事情もあると思います。

 ともかくすごいのは、一方でヒーロー同士の対立や正義とは何かという重厚なストーリーを進めつつ、もう一方で2人のヒーローを誕生させ、彼らの今後の活躍を期待させるという仕事もこなしている脚本の妙味でしょう。後者だけでも、へたくそな脚本なら失敗するでしょうし、そういう事例も見てきましたら、余計にすごさがわかるというものです。
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

『シビル・ウォー』公開記念 キャラで見る勢力図 チームキャップ編

 前回記事『『シビル・ウォー』公開記念 キャラで見る勢力図 チームアイアンマン編』の続きです。今回は国連に反旗を翻したチームキャップの面々。

 チームキャップ
 キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース

captainamerica_large_large.jpg
 出演:キャプテン・アメリカ:ファーストアベンジャー、ウィンター・ソルジャー、アベンジャーズ、AOU、アントマン(カメオ)
 チームキャップのリーダーにして高潔なるアメリカの精神の象徴、それが彼キャプテン・アメリカです。身体的に恵まれず、何度も徴兵検査に落とされた彼は、スーパーソルジャー計画の第1号として、強靭な肉体を手に入れます。
 しかし彼の本当の強さは、その精神力にあります。キャップ映画第1作での、訓練中に投げ入れられた手榴弾(訓練用なので爆発しませんが)に覆いかぶさり、身を挺して仲間を庇おうとしたシーンはあまりにも印象的です。
 大戦期には米軍に、復活後はシールドにいたことから組織の論理にどっぷりつかった人間になっていそうな気もしますが、アメリカの精神の象徴ということでそんなことはなく、むしろ自由を誰よりも重んじる性格でもあります。『ウィンター・ソルジャー』では、シールドが推し進めていた犯罪者事前検知システムであるインサイト計画にも反対しています。
 今作では、バッキ―との友情が原因でチームがバラバラになるということが強調されてプロモーションされていましたが、それ抜きでも彼の自由への信念がソコヴィア条約への服従を許さなかったでしょう。まとめると、チーム間の対立の争点は@バッキーの処遇Aアベンジャーズの存在意義B超人の自由の保障ということになりそうです。

 ウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズ
1397077308000-xxx-captain-america-winter-soldier-mov-jy-3568-.jpg
 出演:キャプテン・アメリカ:ファーストアベンジャー、ウィンター・ソルジャー、アントマン(カメオ)
 スティーブがキャップとなる前からの親友で、キャップとなった後は良き戦友であったのが彼です。死んだと思われていましたが、『ウィンター・ソルジャー』で改造と洗脳をされて復活。インサイト計画の実行を狙いますがキャップたちに阻まれてしまいます。
 その後、洗脳が解けたのか『ウィンター・ソルジャー』では判然としませんでしたが、『アントマン』のエンドロール後のシーンでそのことがはっきりしました。
 本作では、テロの容疑者とされたバッキーの処遇が内乱の1つのきっかけとなります。が、当人の思想や胸の内はまだまだ描かれていないので、はっきりとしません。

 ファルコン/サム・ウィルソン
civil-war-3.jpg
 出演:キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー、AOU、アントマン(カメオ)
 キャップの相棒である元落下傘兵です。チームキャップに不足しがちな飛行能力持ちです。『ウィンター・ソルジャー』後はキャップと共にバッキーを捜索し、『アントマン』の時に発見したようです。
 完全に脇役であり、ストーリーにあんまり関わらないんじゃないの?みたいな気もしますが、実は原作コミックでは『シビル・ウォー』後に重要な役割を負っていて……もしそうなると、本格的な活躍はその後の『インフィニティ・ウォー』のほうに?

 ホークアイ/クリント・バートン
jeremy_renner_avengers.jpg
 出演:アベンジャーズ、AOU、マイティー・ソー(カメオ)
 弓術のすさまじいおじさん。日本では「そして殺す」で有名な人です。超人ばかりのアベンジャーズの中では数少ない人間ですが、敵を見ることなく射貫いたり、複数本の矢を同時に放って命中させるなどある意味では一番人間離れしている人でもあります。
 彼は(一応)人間なので、ソコヴィア条約で不利益を被る立場にはないはずですが、今作ではそれに反対する陣営に着きました。今までの作品では彼自身の正義感があまりはっきり語られなかった(有名な「君もアベンジャーズだ」のくだりは、ホークアイ個人の主張というよりアベンジャーズの共通認識だと思います)ので、そこにも注目したいですね。
 チームの中では、数少ない既婚者であり、物事を他のメンバーよりも1歩引いてみているような側面もあります。『アベンジャーズ』での洗脳経験も多少は影響しているのでしょう。今作のいさかいの解決の糸口となるのは、実は彼かもしれません。
 吹き替えは雨上がり決死隊の宮迫博之で、タレント声優の中では群を抜いたうまさなので吹き替えで見てみるのもいいと思います。

 スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ
Avengers-2-Age-of-Ultron-Scarlet-Witch-Elizabeth-Olsen-Poster.jpg
 出演:AOU、キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー(カメオ)
 サイコキネシスを操り、精神も操作する能力の使い手です。『AOU』ではスターク社製のミサイルによって家族を奪われた過去から、トニーへの復讐を試みますが、途中でウルトロンを裏切りアベンジャーズに加入しました。その後は、キャップの元で訓練を受けていたようです。
 彼女の内心もはっきりとは描かれたとはいえないので、今回掘り下げられることを期待します。
 プロモーションではヴィジョンと対決している姿が描かれていました。空を一応飛んだりもできるようなので、空中戦にも注目したいです。

 アントマン/スコット・ラング
23165799_15389.jpg1509_sig2015_antman_01b.jpg
 出演:アントマン
 タイトル作品で初登場を果たしたヒーローです。バツイチで前科ありという境遇からやり直すために、自在に小さくなるスーツを着用しアントマンとなります。
 彼の注目すべき経歴は、かつて自分の勤めていた企業に潜入し金を奪ったという義賊行為です。娘との面会を許可してもらう条件として、まとまった金を手に入れなければならなくなった時にはハンク・ピム邸への潜入も試みましたし、自身の正義のためには少々法律を犯すことを厭わない精神性の持ち主です。そういう意味では今回チームキャップについたのは自然な流れでしょうか。
 ちなみに、スーツの開発者ハンク・ピムはシールド時代に、勝手にスーツの機能を実現している化学物質「ピム粒子」を複製しようとしたスタークを毛嫌いしており、そういう意味でもアイアンマンとは因縁の対決です。スコットは電気工学の修士号を持っているので、トニーとは話は合いそうなんですがね。
 結婚経験あり、かつ子持ちということで、立場としてはホークアイに近いかもしれません。彼よりは達観していないでしょうが。プロモーションでは2人がコンビネーションを組んでいるシーンもあったので、彼らのやり取りにも注目したいですね。
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

『シビル・ウォー』公開記念 キャラで見る勢力図 チームアイアンマン編

 さて、とうとう今月29日から『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』が公開されます。そこで今回は、登場キャラクターに焦点を当てて、本作を楽しむための予習にピッタリな、これまでのマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のまとめをしていきます。
 なぜ今回作品ではなくキャラクターに焦点を当てることにしたかというと、作品に焦点を当てたものは既に多すぎるほどあるからというのと、作品基準だとホークアイのように主役作品のないキャラクターについての情報が漏れてしまうからです。
 なお、この記事にはMCUの過去の作品のネタバレを多少含みますが、基本あまり作品を見たことのない人向けなので、これから楽しむのに問題ない程度にします。

 チームアイアンマン
 アイアンマン/トニー・スターク

Iron-Man.jpgceleb74_1.jpg
 出演:アイアンマン1〜3(主演)、アベンジャーズ、エイジオブウルトロン(AOU)、インクレティブル・ハルク(カメオ)
 ではチームアイアンから行きましょう。まずはリーダーのトニー・スタークからです。彼はスタークインダストリーズの元社長(現社長は恋人のペッパー・ポッツ)であり、自由奔放な大金持ちです。バットマンと被るキャラ設定ですが、こっちの方が根明です。
 彼は自身のつくった武器がテロに使われていることを知り、アイアンマンとなってそのしりぬぐいをすることを誓いました。
 権威や集団に馴染まない性格で、『2』ではスーツを米軍に提出するように迫られますが断ります。その彼が、今作では国連の管理下に進んで入り、スーツも預けてしまう(ソコヴィア条約がものにも適用されるため)というのが注目すべきポイントですね。
 彼は戦争による犠牲を一切なくそうと考えています。彼は一兵卒として働くよりもその一兵卒のためのアイテムを作る方が向いており、またそれを実現できるものを作りうるというのも大きいのでしょう。しかし、『AOU』でそうなったように、コントロールの効かない発明品は、人類の脅威になりうるのです。そのことを思い知ったトニーが、条約の実現に向けて奔走します。
 ちなみに、父のハワードはウィンター・ソルジャーによって暗殺されたのではないかということが、『ウィンター・ソルジャー』で仄めかされています。そうすると確執はより深まることに。

 ウォーマシン/ジェームズ“ローディー”ローズ
ironmanwarmachinelarge.jpg
 出演:アイアンマン2〜3、AOU
 トニーの親友であり、米軍の大佐です。大佐自体は第1作から登場してますが、ウォーマシンとしての登場が2からということと、『2』から役者が違うので出演にはああ書きました。親友とはいっても、ノリが男子高校生のそれです。
 ウォーマシン自体はアイアンマンMk2をベースに作られています。ですが追加された兵器と大佐自身の経験からか、アイアンマンとそん色ない戦闘能力を発揮します。
 予告編ではウィンター・ソルジャーの攻撃によってスーツを破壊され、負傷する姿が描かれていましたが、どうなるのでしょうか。最後の決戦に出てきているので、死ぬことはないとは思いますが。まあ、アメコミは死んでもすぐに生き返るので、仮に死んだとしても気にしなくていいかもしれません。ただ、彼が確執を完全なものとするきっかけにはなりそうです。実質ヒロイン。

 ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ
avengers_081504-26a82.jpg
 出演:アイアンマン2、キャプテン・アメリカ:ウィンターソルジャー、アベンジャーズ、AOU
 ロシア出身の女スパイです。出演を見れば変わるように、彼女はトニーともキャップとも強いつながりのある人物です。
 『アイアンマン2』ではシールドの工作員としてスターク社に潜入、トニーに気に入られて秘書として働いていました。一方『ウィンター・ソルジャー』ではシールドに狙われたキャップと共に逃亡し、ヒドラの陰謀を阻止します。
 そういえば、チームアイアンマンで唯一ウィンター・ソルジャーと面識のある人物でもあるんですよね。原作の『シビル・ウォー』では途中で所属を変える人物もいましたが、映画でもそのようなことが起こるとすれば彼女が最有力候補でしょうか。一方、今までずっと組織の中で生きてきた彼女にはキャップの思想についていくのは難しいとも考えられるので……。

 ヴィジョン
ref8-44789.jpg
 出演:AOU
 『AOU』でヴィジョンとして登場した彼ですが、元々はトニーの補佐用AIであるJ.A.R.V.I.S.です。彼とトニーの美声によるやり取りを聞くためだけに吹き替えで見る価値があるほどでした。ヴィジョンになってからは声に人間味が出てきましたが、美声は相変わらずです。
 彼がチームアイアンマンにつくのは必然と言えるでしょう。ただし、人格を得て自分で考えるようになった、もう命令に服従するだけではない彼がトニーとどのようなやり取りをするのかは必見です。

 ブラックパンサー/ティ・チャラ
black_panther-main.jpg
 初出演
 彼に関しては全く何もわかっていないというのが現状です。アフリカの小国の王であり、キャップの盾と同じヴィブラニウム製のスーツを着用しています。
 予告編ではブラック・ウィドウ、ウィンター・ソルジャーとそれぞれ対峙していましたから、ウィドウが仲間に引き入れて、ウィンター・ソルジャーを追うという展開でしょうか。
 国家の元首である以上、国連に逆らわないという判断は当然でしょうか。もしかすれば、物語のきっかけとなる、ウィンター・ソルジャーが起こしたとされるテロとも間接的に関係があるかもしれません。アメリカのエンタメは社会問題を取り込むのがうまいですから、我儘な超大国VSそれに振り回される発展途上の小国という国際問題もいくらかは反映されるかもしれません。

 スパイダーマン/ピーター・パーカー
spider-man.jpg
 初出演
 来たぞわれらのスパイダーマン!遂に登場です。ただし『シビル・ウォー』への介入経緯がさっぱりわかりません。唯一わかっているのは、トニーお手製のスーツを着用していることくらいでしょうか。
 もしかするとMCU初のスパイディ映画である『スパイダーマン:ホームカミング』は時間を転倒させて『シビル・ウォー』以前のオリジンをやるのかもしれませんが。
 スパイダーマンは戦闘中軽口をたたく癖があるという設定があるので、トニーとは気が合うかもしれません。

 サディアス・“サンダーボルト”・ロス
William_Hurt-The_Incredible_Hulk.jpg
 出演:インクレティブル・ハルク
 一応入れました。というのも、過去にMCUに出演経験があり、かつスーパーパワーを手に入れるのではないかという噂をどっかで聞いたことがある気がしたからです。あくまで噂ですが。
 彼はアメリカ軍のえらいさんです。ハルクを執拗に追いかけ、挙句ハルクモドキであるアボミネ―ションを作り上げ、ぶつけました。なのでハルクとは因縁のある相手なのですが、残念かな彼は今宇宙なので『シビル・ウォー』には出ません(役者も違うしね)。ハルク登場の次回作『マイティー・ソー:ラグナロク』に一縷の望みを託しましょうか。たぶん実現しない対決ですが。
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする