2017年02月09日

こんなマーベルが見たかった!『ドクターストレンジ』は続編で完成する?

 遅ればせながら、この前観にいったドクターストレンジの感想を書いておこうと思います。ネタバレ注意

 こんなマーベルが見たかった!
 まず、本作の感想を一言で言い表すとこうなります。いやぁ、こんなヒーローを私は待ち望んでいました。
 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の魅力の1つは、主役級のヒーローが数多く登場しアベンジャーズとして共演するところにあります。しかし登場ヒーローは「超科学的」なコンセプトを持つヒーローに偏っているという問題を抱えていました。アイアンマンは言わずもがな、実験の失敗によって誕生したハルク、意図的に生み出されたスーパーソルジャーであるキャプテンアメリカ、アントマン・スパイダーマン・ヴィジョン・スカーレットウィッチといった面々もその力の根源は超科学にありました。
 唯一科学とは無縁である神様マイティ・ソーも、その描写は科学と無縁ではいられませんでした。アズガルドの描写を映画で見てもらえばわかるように、兵器とかが妙にメカメカしいんですよね。
 しかし本作はそんな科学の世界からは遥か彼方にいます。トリックアートのような映像美で語られる魔力の根源は、宇宙に無数に広がるマルチバースと呼ばれるもの。神秘的な世界観に科学の入る余地はありませんでした。
 科学から1歩身を引き魔術の世界に生きる彼は、アベンジャーズの魅力である「様々なヒーローの共演」を真の意味で成し遂げられる人物です。科学的なヒーロー(+神様)に魔術師が加わることで、世界観がさらに一次元深まることが期待されます。
 今回は単独映画ですが、アベンジャーズの次回作に登場することが早くも決定しているドクターストレンジです。アイアンマンのような科学の申し子たちとのやりとりが今から楽しみで仕方ありません。

 矛盾を答えに
 マーベル作品に限らず、アメコミ作品の多くは「世界観が矛盾に満ちている」という問題を抱えています。かく言うMCUだってハルクの演者が単独映画とそれ以降で変わっているという矛盾をはらんでします。その問題?にメタ的な視点からはっきりとした答えを打ち出したのも本作の功績でしょう。
 先述のように、ストレンジたち魔術師は無数に広がる平行世界マルチバースから力を得、それを魔術に変えて行使しています。このマルチバースは言い換えると「あり得たかもしれない世界」のことでしょう。本作ではストレンジが時間を操ることに対して「可能性を捻じ曲げた」「世界が分岐した」といった趣旨の発言がなされていますが、つまり魔術で時間を戻すと「時間が戻らずそのまま進行した世界」と「時間が戻り別の進み方をした世界」の2つが生まれてしまうといった認識がなされているのだろうと思います。
 本作終盤でダークディメンションの浸食を時間逆行によって防ぎましたが、あの時「ダークディメンションを防いだ世界」の他に「ダークディメンションを防げなかった世界」を生んでいるのでしょう。それこそがマルチバースの1つになるのでしょう。マーベルの原作には「ヒーローがゾンビになった世界」とかのIF設定もありますが、これを同じような生まれ方をしていると理解してとりあえずは間違いないと思います。
 ともかく、平行世界がいくつもあるという設定はアメコミファンにとっては当たり前ですが、そうではない映画だけを見ている層には理解しにくいところです。シリーズも1つの佳境に突入しているこのタイミングでその辺もきっちりフォローしておくのは必須だったのでしょう。

 ドクターストレンジは続編で完成する?
 本作のテーマの1つに、大義のために小事を曲げるべきか否かといった問題設定があるように私は思いました。
 本作でエンシェント・ワンはダークディメンションから力を得ることを固く禁じていました。それに反発したカエシリウスがダークディメンションから力を得るところから本作の物語が始まります。しかし一方で、エンシェント・ワンは自身も長寿のためにダークディメンションから力を得ていました。
 それはダークディメンションの侵攻から地球を守るためでしたが、自身で禁じたことを自身で犯したことに違いはありません。そのことに関して、ストレンジは割と柔軟に考え問題視しませんでしたが、兄弟子のモルドは違いました。ストレンジが地球を守るために時間を戻したことも手伝って、2人は袂を分かってしまいます。
 本作の最後(スタッフロール後の映像)は、モルドが魔術の力で足を治した男を襲いその力を奪うところで終わります。ドクターストレンジ単体ではこのテーマに決着がついていません。これが単独映画2作目で問題となるのか、登場が予想されている『マイティ・ソー:ラグナロク』で浮上するのかは不明ですが、真にドクターストレンジの物語が完成するのは、このテーマにストレンジが正面から向き合ったときであろうと思います。
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

アイアンマン・パシリム・仮面ライダーにみる装備の合理性

 私は、アイアンマンや仮面ライダーといった「体に装着するスーツ系」のヒーローは好きです。一方で、ガンダムや戦隊ものの合体ロボット、『パシフィック・リム』に登場するイェーガーのような巨大ロボはあまり好きではありません。
 その大きな理由として「巨大ロボには合理性がない」というものが挙げられます。実際、『パシフィック・リム』を見ている最中も「これ作る暇と金あったらオキシジェン・デストロイヤー的なの作ればよかったのでは」「ロボの立派さに比べて装備貧弱すぎないか」ということが頭をよぎっていました。
 そもそも、ただでさえ巨大なものを作るのは大変なのに、現代でさえ小走りが限度の二足歩行をさせて戦わせようというのが無茶な話です。

 アイアンマン:その進化の系譜
 それに比べて、アイアンマンや仮面ライダーのような纏うタイプのパワードスーツは制作も容易で、戦闘という目的にもかなっています。特にアイアンマンの設計思想における合理性には目を見張るものがあります。わかりやすくするために、列挙してみましょう。
 第1作『アイアンマン』ではまず試作品のMk.1、それを改良し現在の形に近づけたMk.2、完成系のMk.3が登場します。Mk.3の登場には、Mk.2で課題となった高高度時における噴射口の氷結を解決するという目的があり、これがオバディアとの対決に生きてくるわけです。
 第2作『アイアンマン2』では、タキシードを着たまま着用できるMk.4、アタッシュケース型になり持ち運べるMk.5(装着シーンがめちゃくちゃカッコイイ)、そしてアークリアクターに新たな燃料を利用することで、体への負担という問題を解決したMk.6が登場します。
 その後、『アベンジャーズ』においては、腕輪によって誘導され自動で空を飛びやってきた、空中で装着が可能なMk.7が登場します。これは、Mk.5の戦闘時において、限られた装備と薄い装甲のために敵に苦戦した経験が裏にあるのだと思います。完全な装備を持ったスーツが飛んで来れば便利ですからね。
 ちなみに、このころからスーツの脱着が専用の滑走路に限って歩きながら出来るようにもなってきます。
 そして『アイアンマン3』ではMk.42まで一気にナンバーが飛び、パーツが空を飛び自動で装着できるようなります。これでスーツの脱ぎ着には完全に場所を選ばなくなりました。さらに自動操縦という極地にもたどり着きます。「これ中に人がいる必要あるの?」という言わない約束な質問をぶっ壊す機能です。
 しかも、トニーがちまちま作っていたスーツには全て裏設定があり、ステルス仕様だったり水中作業用だったり重機チックな機能があったり、しかもそれぞれ試作品と完成品があったりと、試行錯誤が感じられる設定がされています。
 そして『アベンジャーズ:AOU』では爆発させたスーツの代わりで、パーツごとの装着にも対応し、装着のためのパーツの飛行精度も大幅に向上したMk.43、ハルク制御用のスーツMk.44ハルクバスター、J.A.R.V.I.S.の代わりにF.R.I.D.A.Y.を搭載したMk.45が登場します。
 最後に『シビル・ウォー』では、トニーが比較的苦手な近接戦での戦闘分析機能や飛行機での装着(これもカッコイイ)に対応したMk.46が登場しました。さらに、腕時計からアイアンマンの手のパーツを彷彿とさせる手袋に変形するガジェットも開発されていました。
 こうしてみると、直面した課題を解決するという基本的な開発の順序を辿って進化していっていることがよくわかります。

 仮面ライダーの機能
 一方、フェアなことを言えば仮面ライダーの装備はそこまで合理的というわけでもありません。これは玩具を売らなければいけないバンダイの都合と、仮面ライダーそのものの誕生経緯によります。
 平成ライダーに限って言えば、そもそもクウガやアギトは誰かが何かの目的のために開発したわけではありません。クウガはアマダムによる変化ですし、アギトは人間の進化の結果です。
 開発されたベルトとしては、龍騎が初になります。しかしこれはゲームのために存在するので、各々のプライヤーたるライダーのスペックや装備にばらつきがある方がむしろ合理的でしょう。
 純粋に敵を倒すという目的をもって開発されたのは、555に登場するベルトが初になるでしょうか。これはデルタ→カイザ→ファイズと進化していっていますし、ファイズに関しては格闘に剣、銃撃、高速移動機能など幅広く取り揃えておりオールマイティに戦えるベルトになっています。
 そういう意味ではカブトやガタックのベルトも比較的合理的な設計をなされています。カブトは格闘を主体に斬撃と銃撃はクナイガンで補い、ガタックはブレードとマスクドフォーム時のバズーカーで対応しています。ザビーやドレイクは攻撃方法に偏りがありますが、分業と言い換えれば一定の合理性はあります。
 一方、ブレイドのシステムにはあまりそういった要素は見られません。これは、システムに先立って存在していたラウズカードに依存した機能であるためでしょう。響鬼のような鬼も、あれは鍛えた結果なので得手不得手が属性や使用武器によって極端に出ることとなります。電王やキバも機能をオトモ怪人に依存しているので、バランスや合理性とは無縁な感じがします。
 二期ではダブルが一番合理的な設計をしています。ガイアメモリは多く使えば強力ですがその分負担も大きいので、2人に分けてしまえというのはパシリムのイェーガーと発想は変わりません。3×3の組み合わせで多くの状況にも対応できます。
 鎧武も多くのロックシードを使用できるという点では、兵器としては合理的です。何より、ベルトさえあればだれでも変身できるというのが大きいです。侵食するヘルヘイムの森の脅威から人類を救うためのベルトなので、当然の機能ですが、重要です。
 ドライブも多くの機能を兼ね備えたスーツになっています。サポートマシンであるシフトカーを大量に使い情報収集を優位に進めるという、警官に嬉しいフォローもあります。
 一方、800年前に誕生したオーズのベルトや、パワーアップが偉人依存なゴーストは合理性とは遠いところにあるように思えます。ただ、オーズはダブルの比ではない組み合わせ数を扱えますし、ゴーストもグレイトフルで偉人を呼び出すという「これ中に人がいる必要あるの?」の再来など、見所があります。
 フォーゼに関しては、多くのスイッチを使えますがあくまで戦闘用ではなく、宇宙服の進化系として開発されたのではないかと思わせられます。

 見せ方で変わる評価
 長々と羅列してみましたが、あまり合理的でないと評したライダーに関しても、役割のバランスはとれていたりと合理性を見い出すことは可能ではあります。ただそれが全面に感じられないというだけで。この違いは何なんでしょうか。
 このことを考えるのに重要なのは、その機能の見せ方の問題です。
 例えばパシフィック・リムでは、抱き着いてきた怪獣に対して胸からビームを放って対処するシーンがあります。それを見たとき、「ああ胸にビームがあるのはこのためか」と妙に納得してしまいました。無論そんな限定的な状況のために装備を用意しているわけがないのですが。
 ようするに大切なのは、ある問題があってそれを新しい機能で解決したという流れです。目的を達成するために用意された機能は、否応なく合理的に見えるのです。
 アイアンマンでは、特にそのことが強調されています。一方仮面ライダーでは、そういう側面もありますが「コアメダルが手に入ったので使ってみた」のように、唐突にアイテムが登場し新機能のお披露目になったりもします。
 またアイアンマンは装着者が開発もしているのに対し、仮面ライダーはほとんどの場合開発にはノータッチです。これも新機能登場の唐突感を出している原因になっています。場合によっては天井裏からアイテムがふって来たりしますから。

 翻って巨大ロボに関しては、そもそも巨大なロボを作ろうというコンセプトからして合理的でないにもかかわらず、その世界では巨大ロボが自明されているので合理性の前に不可思議です。そのうえパイロットは大半の場合開発者ではないので合理性をアピールする物語も前面に出てきにくい状況にあります。
 せめて巨大ロボである理由の説明がなされていればいいのですが(ちなみにガンダムが巨大ロボである理由である、なんちゃら粒子のせいでレーダーが効かないから云々という説明には納得していません。上下左右の感覚がない宇宙でわざわざ人型の兵器を作る理由になってないでしょう)。
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

『キャプテンアメリカ シビル・ウォー』評後編 正義と復讐のバランス

 前編からの続きです。相変わらずネタバレ注意です。

 正義のバランス感覚
 本作で最大のテーマになっているのが、正義に関する考え方です。
 キャップの立場は、自分自身で正しいと思うことを考え、誰にも縛られずに実行するというものです。アメリカの自由の精神ともつながりますし、様々なしがらみにとらわれて正しいと思うことが出来ない、それどころが間違っていると思っていることに引きずられて実行してしまう現代社会のありかたへの批判にもなっているのでしょう。
 対するトニーの立場は、ルールを明確に決め勝手に動かない、集団での意思決定を重んじるという立場です。明確な規則なく実行される正義が、時には悪事と区別がつかないということは、わざわざ「正義の暴走」なるタームを引き出すまでもなく自明な話です。
 対立を形作るうえで重要になっているのが、どちらの考えもよくわかるというものです。これが一方だけとても説得力があったりすれば、どちらも正義のヒーローというシビル・ウォーの企画はそもそもうまくいきません。この「妥協点の見つからない論点」を見つけてくるのが、まずとてもうまいと感じます。ちなみにマーベルがコミックで企画している『シビル・ウォーU』では完璧な未来予知を巡って「利用して未来を変え世界を守る」派閥と「利用せずに自然に任せる」派閥がぶつかります。本当によく見つけてきたなという感じのする論点でしょう。
 そしてそのうまさを引き立てているのが、各々のキャラクターが辿った過去作品での経験です。
 キャップにしてみれば、『ウィンター・ソルジャー』でシールドの崩壊を目の当たりにしており、その後の困難も含めて、組織で動くことの不自由さを身に染みて理解しています。超人となった直後に戦場に派遣されず国債の売り込みパフォーマンスばかりさせられていたという経験も下地にあると思います。結局その後、バッキーが捕虜になったと聞いたキャップが組織の命令を無視して、個人で助けに行ったために、彼が兵士として認められたというのも皮肉な話です。
 トニーにしてみれば、今まで自分の判断で作ってきたもののせいで苦難を味わってきています。アイアンマンになる前は会社で売り込んだ兵器がそれに当たりますし、その後はアークリアクターに命を縮められスーツに依存し、最後にはウルトロンに行き着きました。個人で判断した先にある失敗に、もう彼は耐えられなくなっていたのでしょう。
 各々の立場に行き着くまでを追体験しているからこそ、お互いの主張が理屈抜きに「どっちもどっち」に感じられてしまうのです。

 復讐心の果て
 本作の表のテーマが正義なら、裏のテーマは復讐でしょう。それくらい、本作では復讐が強く絡んできます。
 前編でも書いた通り、ブラックパンサーがオリジンとして向き合った試練は、父親を殺されたことによる復讐心でした。復讐心に突き動かされ、間違った相手を殺しそうになったことが、彼の考えに大きな影響を与えました。
 しかしそもそも、彼の父親が殺された理由は、ジモ大佐による復讐の巻き添えでした。ジモ大佐は、ソコヴィアでアベンジャーズに殺された家族に復讐するために、回りくどい作戦でアベンジャーズを破壊しようと試み、そして成功させました。
 また、本作終盤で和解しかけたトニーとキャップを再び引き裂いたのも、復讐心でした。バッキーが父親を殺したのは操られていたからだということは、トニーもわかっていたでしょうが、それでも赦すことが出来なかったのでしょう。そのことは、冒頭のスピーチや前作までの彼の言動からも察することが出来ます。
 また『AOU』に話を戻せば、ワンダがウルトロンに協力したのもスターク社への復讐が目的でした。
 復讐心を抑え、少し距離を置いた対応の出来たティ・チャラやワンダの結末と、復讐心を全うしようとしてアベンジャーズの崩壊を決定的なものにしてしまったトニーや、最終的に囚われたジモ大佐の結末はあまりにも違います。
 本作では、裏の方でそういった復讐心の果てにあるものを描いていたのかなとも思います。
 そもそもなんでマーベルのヒーローチームの名前が「復讐者たち」なのか、コミックをフォローしていない私にはわかりませんが。

 オマケ
 MCU恒例のエンドロール後の映像は、彼でしたね。上映スケジュール的にはドクターストレンジの可能性もあるとは思いましたが、ここは活躍した彼を全面にアピールする方向に落ち着いたようです。ドクターの活躍は年末まで待ちましょう。
 それと、MCUに限らず私が海外の映画を見るときに楽しみにしているのが、ジョークの掛け合いなのですが、今回のヒットはホークアイがトニーに「隠居生活のゴルフに飽きたのか」と聞かれた時の返答「18ホール18打でまわった。的が外せなくて」です。
 その後アイアンマンに向かって矢を放ち「初めて外したな」「どうかな」で後ろからワンダの能力によって車が襲いかかるという流れが続くのですが、その後ブラックパンサー相手にホークアイがびゅんびゅん矢を外しているのは内緒です。相手と状況が悪かった。
 ちなみに、ジョークではないですが、シャロンとキャップがキスをした時の、それを目撃したバッキーとサムの男子中学生の友達みたいな笑い方もヒットでした。新旧サイドキックとして仲良くやって欲しいですね。
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする