2015年03月22日

京都紀行その2 平安神宮は緑色

 (その1からの続き)
 平安神宮到着
 前回からの続き。
 月一回開催のマーケットという誘惑を振り切った私は、ようやく本来の目的である平安神宮にたどり着いたのだが。
DSCF0862.JPG
 でかい(迫真)。
 どの神社にだって立派な鳥居がつきものだが、程度ってものがあるだろう。
 しかし嫌いではない。人間の神頼みもここまで徹底すれば立派なもんである。信仰への執念とか、執着が感じられるからこういう建造物は大好きである。
DSCF0864.JPG
 そして中は赤い。赤い神社は見た目が綺麗だし観光にはもってこいだなと改めて思う。木が全面に押し出される建造物も渋くていいが、見所が難しいという難点がある。エンタシスなんて特殊な柱の構造でもしていれば話は別だが、そういうのは法隆寺くらいにしかないし。
 一方赤い神社は「赤くて綺麗」となれば観光としては及第点なので初心者向けとも言える。デートにもおすすめであると言いたいところだが、わざわざデートスポットに寺社仏閣を選ぶカップルにとっては大きなお世話かもしれない。
DSCF0870.JPG
 境内にはこんなものもある。ずばりおみくじを結ばれまくってちょっと曲がってすらいる木である。おみくじを結ぶ行為には、不幸をその場においてゆくという意味もあるらしいし。ていうことはこの木はみんなの不幸を一身に背負っているのか。さぞいい迷惑だろう。くたびれたくもなる。
 人柱ならぬ木柱、それじゃただの柱か。
 私が寺社仏閣をめぐるのは、単に好きだからというのもあるがご朱印をもらうためでもある。別に全部集めきって願いをかなえようとかではなく、なんかかっこよさげだからもらうのである。人に不思議とある収集癖を手ごろな金額とスペースで満足させられる、かなり便利な趣味だとも思う。
DSCF1093.JPG
 というわけで貰ったのがこちらになる。左が平安神宮で、ちなみに右は広島護国神社。これをもらう際にはぶっきらぼうな巫女さんと「御朱印ください」「(御朱印帖を)開いて出してください」「あ……すんません」みたいなコミュニケーションをとるという試練を越えなければならなかった。接客業なんだからもう少し愛想良くしてくれてもいいのに。
この神社の祭神は桓武天皇と孝明天皇。つまりは平安京最初と最後の天皇を祀っている。建てられたのは明治28年らしいし、神社の中ではまだまだ新顔の部類に入るのだろう。明治生まれが新顔というのもものすごい話だが、存在自体は戦国や室町時代からあるような寺社仏閣がざらの世界だ、仕方あるまい。

 表は赤、裏は緑
 平安神宮にはもう1つ見どころがある。それは平安神宮神苑、要するに庭園である。ここには春夏秋冬の季節別に花や木が植えられ、1年中観光客を楽しませてくれるという触れ込みだったのだが……。
DSCF0881.JPG
 緑ぃ……。
 この日は冬の花には遅く、春の花には早いという残念な季節、ちょっとじめじめした庭園でしかなかった。しかし見頃には観光客ですごいのだろうし、どちらをとるかは悩みどころだ。ていうか見頃には大学は休みになってないし、18切符も利用期間じゃないだろう。大学生貧乏旅行の辛いところである。
 春の七草エリア、秋の七草エリアなんてものもあって、ちょうど薺が花を咲かせてはいたが、地元に帰ればただの雑草。そろそろ町内会の清掃があって、電動の草刈機でばっさりやられる頃だろう。田舎暮らしは自然を楽しむ心を失わせるのかもしれない。
DSCF0874.JPGDSCF0884.JPG
 しかしそうはいっても広大な庭園、探せば花をつけている植物も見つかるもんである。早咲きの梅と、なんかよく分からないけど綺麗な花が見れたので良しとしよう。
DSCF0882.JPG
 庭園を進むとこれまた広大な池に出会う。ここに限らず日本庭園の池は濁っていることが多いが、別に管理人がサボっているわけではない。濁っていないと建物が綺麗に水面に反射せず、写真のような景色が実現できないからこうなっているのだ。有名なのは金閣寺だろう。誰しも1度は金閣寺が水面に映った写真を見たことがあるはずである。
 こういうくだらない雑学もため込んでおくといつか役に立つからぜひ覚えておこう。ただし、みんなが知っていることを自慢げに話すという自爆はやらないように気をつけて。
 しかし池の緑色のせいで、庭園がより真緑に見えてしまうのはいかんともしがたい。花の盛りの季節なら、移り込む花とのコントラストでいっそう美しかっただろうに、残念でならない。
DSCF0888.JPG
 この池には大きな橋もかかっている。水を見るとその上を渡りたくなるのが人の性なのか、こういうところで橋を見ないことはまずない。
 そしてこういう景色をバックに写真を撮りたがるのも人の性なのか、必ず記念写真をぱしゃりとやっている観光客が1組はいるのである。撮るのは勝手だが、狭い通路でやられると通行の妨げになるので手早くお願いしたい。別に一緒に写真を撮る人間がいない僻みとかではなくて。

 (その3に続く)
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紀行 シリーズ概要

 今回から紀行文の投稿を始めていきます。
 元々私がやっていたブログ九段新報が今の形になる前には、実は紀行文もちょこちょこと投稿しており、それがここにきて復活した形ですね。
 これらの記事には写真が付きますが、安物のコンデジで適当にパシャパシャやっただけなのでピンボケ等は我慢してください。あと写真の無断使用は当然御法度です。
 青色の文字にはリンクが張ってあるので、記事に飛ぶことが出来ます。タイトルがあるのに文字が黒いままなのは、まだ公開されていないか書く予定だけど記事が存在しないかのどちらかです。

 更新予定 
 京都紀行2nd 兎と鼠の神社編 猫と偉人の道編
 大須へGo モーニング編 ランチタイム編

 目録(上から新しいもの)
 宮島ウインター 神社編 仏閣編
 彦根三大問題紀行 前編 後編
 雨の高山を行く 1.ワイドビューひだと飛騨国分寺と飛騨牛
         2.いかにもな雑貨屋と洒落たカフェとさるぼぼ7変化
         3.高山陣屋と桜山八幡宮とからくりおみくじ
 京都紀行 1.平安楽市に遭遇す
      2.平安神宮は緑色
      3.知恩院工事中
posted by 新橋九段 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都紀行その1 平安楽市に遭遇す

 3月某日、新橋九段は京都の地下鉄東山駅にいた。
 青春18切符を利用して大学のある中国地方某所から中部地方某所への帰省の最中に寄ったのである。元々私は帰省の旅費を浮かすために18切符を使うことにしており、ついでだから通る場所を観光していこうという極めて文化的なような、一方でみみっちいような目論見でもってこういう行為に走ることが大抵だった。今回槍玉に上がったのは京都だが、過去には姫路城や大阪にも行っているし、なんなら既に京都は経験済みだった。
 なんにせよ東山、とくれば目的地はただ1つ。平安神宮を見ることである。

地下鉄東山駅
 時間は少し遡り、東山駅につく前。地下鉄の烏丸線から東西線に移動してまず驚いた。ホームが個室みたいになっている?なんか圧迫感があるのだ。
DSCF0907.JPG
 階段からちゃんと降りて確かめて理由は直ぐにわかった。ホームドアが床から天井まできっちり伸びているのだ。線路とホームは完全に切り離されていて、個室みたいになっているという表現は間違いではなかったようだ。
 ホームドアというと、もっと門のように侵入を防ぐだけのイメージだったのになぁ。
DSCF0908.JPG
 ちなみに烏丸線は私の従来のイメージ通りのホームドアだった。この違いになにか意味はあるのだろうか。こっちのホームドアは乗り越える奴が出てきてしまったのだろうか。死にたがりにもほどがある。
 あるいは税金を持ってくる区会議員の力の差だったりして。烏丸族議員は東西族議員より強いのかもしれない。どうでもいいけど烏丸族って忍者の一派みたいだな。
 そして無事に東山駅についたがまたも驚かれることになる。
DSCF0904.JPG DSCF0903.JPG
 どうやら京都市営地下鉄は積極的に萌ブタに媚を売ることにしたようだ。ちなみに茶髪の子が太秦萌、金髪が松賀サキ、黒髪眼鏡が小野ミサだそう。声優もいるらしい。どこへゆく、京都。
 ちなみに写真ではわかりにくいが、松賀サキはスパッツ着用だ!つまりボーイッシュスパッツ萌えは松賀へ、眼鏡属性は小野へ流れそれ以外の広い需要をメインキャラクターたる太秦がものにするというヒエラルキーがこの子たちには存在するということか。

平安神宮はまだ遠い
 駅を出てちょっと歩けば平安神宮ではあるが、私は途中で足を止めざるを得なくなった。
DSCF0863.JPG
 なぜなら平安楽市という、毎月第2土曜日に開催されるフリーマーケットに丁度行き合ったからだ。こういう予想外の出会いが旅の醍醐味と言えるだろう。これで私はいつ京都に行ったかはバレバレなわけだけど。
 店には1袋100円という格安の漬物、ジャムや手作りパンといった食べ物から園芸用の植物、手作りの彫刻や革製品といった「いかにもこういうところで出品されそうなもの」が並んでおりたまらない。私は皮のベルトを施された、ちょっとレトロな雰囲気がお洒落な腕時計が目に留まったけど、値札を見てそっともどした。カード使用可とか書いてあるくらいだし、それなりの値段するよな……。
DSCF0890.JPG
 取り敢えずここではものすごく長いフレンチトーストを購入。写真では分からないが本当にものすごく長いのだ、信じて。じゃあちゃんとそういうことがわかるように写真を撮れという話だがもう遅い、フレンチトーストはもう一通り消化されてしまっている。
 フレンチトーストは外がぱりぱり、中はふわふわでおいしかった気がするが、判然としない。なぜならその前に別の店でちりめん山椒の味見をさせられたからだ。辛いものが苦手な私は翌日まで口内炎チックな痛みに苦しむことになる。無理やり山椒、ダメ絶対。
 あとは地元で会う知人用のお土産にコースターを購入。これは木に花や竹の彫刻を施した一品で、売る人が値札に「不安定」と書いちゃうくらい不安定な代物である。じゃあもっと別のものに加工すればいいのに。なお写真は撮り忘れた。
 案の定知人に渡してみると「壁に飾るやつかと思った」「キーホルダーにでもするものかと思った」という感想が。やっぱり別のものに加工すべきだったと思う。
 ちなみにこれには元々1枚500円だったものを、市場がもう終わる時間だったので2枚500円の破格値で売ってもらったというエピソードもある。なんかいかにもこういうマーケットらしくてお得な話だろう。

 (その2へ続く)
posted by 新橋九段 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする