2016年12月09日

【真田丸から抜き取る創作ヒントその1】徹底と例外 リフレイン

 もうすぐ終わりますね、真田丸。これほど熱心に見た大河は『平清盛』以来です。もっとも、清盛と真田丸では面白さのベクトルが違うので、比べる気にはなりません。「蜜柑とステーキ、どっちがおいしい?」みたいな話だと思います。
 さて、流石日本を代表する脚本家三谷幸喜。物語の構造として感心感嘆させられることばかりです。三谷作品は過去に『ステキな金縛り』や『清須会議』を見たことがあるのですが、真田丸ほど長期の作品を、しかもがっつりとみた経験はないので、三谷幸喜の脚本家としての実力をまざまざと見せつけられたのは、初めての経験だったと言っても過言ではないでしょう。
 そこで、覚書程度のいい加減なものですが、私が今後何らかの作品を作るうえでヒントになりそうなことを、真田丸から抜き出して書いておこうと思い立ち、記事を立ち上げました。最近書評以外の記事がさっぱりでしたし、ドラマの記憶が鮮明なうちに、やっておこうと思います。
 一応、第48回までの真田丸放送分のネタバレに注意してください。

 徹底の力
 第1回は、徹底と例外、リフレインと銘打ちました。まずは徹底です。
 この力をはっきりと実感することになったのは、第44回『築城』です。いつも真田丸はアバンなしで、OPをいきなり流し、前回までのあらすじを有働アナのナレーションで流すという手法をとっていました。しかしその回では、OPもすっ飛ばしてナレーションが入り、ドラマが始まりました。そして番組最後、ついに真田丸が完成した時の高梨内記と幸村の会話「城の名はなんとします?」「決まっておるだろう、真田丸よ」からでかでかとタイトルの表示されるOPが始まるという演出に視聴者は釘付けとなりました。
 まず、アバンなしのOP入りという徹底した演出で視聴者を慣れさせ、これをここぞというタイミングで崩しました。この時視聴者は、あれ?どうしたんだろうという疑問と共に画面に食いつかされることになります。もしこれが、このOP入りの徹底を破り、何回かアバンありの回を設けていたとしたら、ここまでの効果は生まれなかったでしょう。演出としては、ただアバンをなくしただけでしたが、これを44回も繰り返した後に1度だけ崩したために、強力なエネルギーが生れることとなりました。

 また真田丸には、回想が1回の例外を除き全くありません。故に、大河にありがちなスタッフロールである「豊臣秀吉(回想)」みたいな表記も出てきませんでした。
 その1回の例外というのが、信繁が九度山から大阪へ行くことを決意する第40回『幸村』でした。きりに背中を押された信繁が思い出す形で、自分にかけられてきた言葉を回想していきます。そこで初めて、過去の映像を使うという意味での回想が行われるのです。
 ここも、普段から回想を多用していればただの回想シーンの1つとして片づけられてしまっていたでしょう。しかし、今まで1度も使わず、この回で初めて使うという手法をとったために、印象的なシーンに仕上がりました。

 徹底の力を言い換えると、一貫したテーマや登場人物の行動ということにもなるのですが、それは別に項を設けて書くことにします。

 リフレイン
 印象的な演出を繰り返すというのも、単純ながら効果的な力を発揮する表現でしょう。代表的なのが、第45回『完封』で、幸村の息子大介が舞った高砂です。これは言うまでもなく、第13回『風雲』で幸村自身が舞ったことの繰り返しです。もしこれが、前者のみあるいは後者のみであればなんてことはない演出ですが、親子2代にわたってリフレインすることで世代交代も少し印象付けるシーンになりました。
 また前述の回想回において、鈴の音がなっていたのもリフレインの1つです。この鈴は年老いた秀吉に何かあった時に、すぐに傍の者を呼ぶことができるように信繁が用意したものです。この鈴が回想の間鳴り響くことで、大阪に呼ばれているということを視聴者に深く印象付けました。
 リフレインと言っても、ただ繰り返すだけでは面白味がありません。少しだけ変えて再び提示することで、2つのシーンにおける相似と相違を強調することにこそ、意味があるのでしょう。
posted by 新橋九段 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

掟上今日子の備忘録ドラマ版第8話の補足解説 記憶の種類について

 昨日放送されたドラマ『掟上今日子の備忘録』第8話で、一瞬ですが今日子さんが記憶について説明していました。折角なので僭越ながら、もっとここを掘り下げて解説しておきましょう。
 当然ネタバレ注意です。

 長期記憶の3種類
 今日子さんの説明に登場したのは「手続き記憶」。何もいないはずのところに話しかけていたことを、普段猫がいて話しかける癖がついていたのだろうと予想したシーンでした。
 「手続き記憶」は、歩く・自転車に乗る・泳ぐといった体を動かすことに関連します。俗に「体が覚えている」と表現される部分です。多くは無意識に利用することが出来、故に今日子さんは無意識に猫に話しかけるようにしてしまったというわけです。
 「手続き記憶」は、記憶の中の「長期記憶」に含まれるものです。詳しい説明は後述しますが、要するに長い間覚えておき利用できる種類の記憶のことです。これにはもう2つ種類があります(記憶の理論に対する立場によって分類はいくつかあります)。
 1つは「意味記憶」です。これは知識に関する記憶で、「織田信長とは誰か」「東京とはどこか」などが該当します。今日子さんでいえば「額縁の寸法に関する用語」や「須永昼兵衛の過去の著作」が該当するでしょう。
 もう1つは「エピソード記憶」です。自身に関する記憶のことで、「自分の高校時代の出来事」や「友人の顔や名前」に当たります。今日子さんはこれを記憶することが出来ず、1日でリセットされるというわけです。
 逆に言えば、猫に話しかける例のように他の記憶については新たに学習できる可能性があります。本当にそんなことが可能なのか、というところですが、今日子さんのような前向性健忘(新しいことを忘れる記憶喪失のこと)の代表例として心理学で有名なHMは、新たな運動技能を学習できることが実験で明らかにされています。

 感覚記憶と短期記憶
 さて、意味記憶やエピソード記憶が長期記憶に含まれると言いましたが、記憶には貯蔵段階や時間の観点から3つに分ける分類が存在します。それが長期記憶と「感覚記憶」、「短期記憶」です。
 感覚記憶はもっとも貯蔵時間が短い記憶です。この記憶では、目にしたものをまるで写真のように記憶します。そういう意味では容量は少なくないのかもしれませんが、どのみち一瞬しか持たない儚い記憶です。
 短期記憶には、感覚記憶で貯蔵された情報のうち自分が意識した情報だけが入ります。頭の中で繰り返されることで情報が保持される時間が延び、また長期記憶に移行するという特徴がありますが、一方でリハーサルがなされないと数十秒程度で消滅する記憶でもあります。
 有名な言葉に「マジカルナンバー7」というものがあります。これは短期記憶に貯蔵できる情報の数を示した言葉ですが少々古く、最近では5±2程度とされています。
 また、ワーキングメモリーという言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。研究によってこの言葉と短期記憶との関係は異なりますが、最先端の短期記憶のとらえ方程度の理解でいいでしょう。この分野の研究成果が、発達障害児やADHDの児童の学習の困難を解消することに役立つと期待されています。

 ついでに 証言の心理学について
 事件のトリックとして重要な部分に、証言と実際では入った試着室が違うというものがあります。では、本当にこんな思い違いが起こるのでしょうか?
 結論から言えば起こり得ます。少なくとも京極夏彦『姑獲鳥の夏』よりはあり得そうです。
 被害者が入店し、試着室に入るまでの一連の行動は客の多くに見られていましたが、恐らくこのシーンは客の感覚記憶を経て短期記憶に入ります。しかし、試着室に入ったまでは意識していても、どの試着室に入ったかまでは意識していなかったと思われます。故に、短期記憶からはどの試着室に入ったかという情報は抜け落ちました。
 ではどうして、皆が被害者が発見された試着室に入ったと証言したのでしょうか。恐らく、あとあとになって思い返すとき、「発見された試着室に入ったに違いない」と脳が記憶を勝手に補ったのでしょう。このようなことは頻繁に起こります。有名な実験では、白人と黒人が口論をしている絵をみせて、しまってからどちらがナイフをもっていたか尋ねるというものがあります。ナイフには着目していなかった被検査者は、黒人は暴力的であるというステレオタイプを後付けして、黒人がナイフを持っていたという記憶を補いました。
 以上が、掟上今日子密室講義の補足解説になります。
posted by 新橋九段 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

【不完全版】平成ライダー物語内年表

注意事項
・当然のことながらクウガ〜ドライブの本編と劇場版のネタバレを含みます。
・ウィザードおよび一部の劇場版の内容がまだ反映されていません。
・劇場版設定で、そのまま解釈すると矛盾が生じる部分は赤字になっています。
・「本編の〇年前(後)」と設定されている場合、年表の年数が前後する場合があります。

不完全版年表.png
タグ:特撮
posted by 新橋九段 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする