2017年02月09日

こんなマーベルが見たかった!『ドクターストレンジ』は続編で完成する?

 遅ればせながら、この前観にいったドクターストレンジの感想を書いておこうと思います。ネタバレ注意

 こんなマーベルが見たかった!
 まず、本作の感想を一言で言い表すとこうなります。いやぁ、こんなヒーローを私は待ち望んでいました。
 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の魅力の1つは、主役級のヒーローが数多く登場しアベンジャーズとして共演するところにあります。しかし登場ヒーローは「超科学的」なコンセプトを持つヒーローに偏っているという問題を抱えていました。アイアンマンは言わずもがな、実験の失敗によって誕生したハルク、意図的に生み出されたスーパーソルジャーであるキャプテンアメリカ、アントマン・スパイダーマン・ヴィジョン・スカーレットウィッチといった面々もその力の根源は超科学にありました。
 唯一科学とは無縁である神様マイティ・ソーも、その描写は科学と無縁ではいられませんでした。アズガルドの描写を映画で見てもらえばわかるように、兵器とかが妙にメカメカしいんですよね。
 しかし本作はそんな科学の世界からは遥か彼方にいます。トリックアートのような映像美で語られる魔力の根源は、宇宙に無数に広がるマルチバースと呼ばれるもの。神秘的な世界観に科学の入る余地はありませんでした。
 科学から1歩身を引き魔術の世界に生きる彼は、アベンジャーズの魅力である「様々なヒーローの共演」を真の意味で成し遂げられる人物です。科学的なヒーロー(+神様)に魔術師が加わることで、世界観がさらに一次元深まることが期待されます。
 今回は単独映画ですが、アベンジャーズの次回作に登場することが早くも決定しているドクターストレンジです。アイアンマンのような科学の申し子たちとのやりとりが今から楽しみで仕方ありません。

 矛盾を答えに
 マーベル作品に限らず、アメコミ作品の多くは「世界観が矛盾に満ちている」という問題を抱えています。かく言うMCUだってハルクの演者が単独映画とそれ以降で変わっているという矛盾をはらんでします。その問題?にメタ的な視点からはっきりとした答えを打ち出したのも本作の功績でしょう。
 先述のように、ストレンジたち魔術師は無数に広がる平行世界マルチバースから力を得、それを魔術に変えて行使しています。このマルチバースは言い換えると「あり得たかもしれない世界」のことでしょう。本作ではストレンジが時間を操ることに対して「可能性を捻じ曲げた」「世界が分岐した」といった趣旨の発言がなされていますが、つまり魔術で時間を戻すと「時間が戻らずそのまま進行した世界」と「時間が戻り別の進み方をした世界」の2つが生まれてしまうといった認識がなされているのだろうと思います。
 本作終盤でダークディメンションの浸食を時間逆行によって防ぎましたが、あの時「ダークディメンションを防いだ世界」の他に「ダークディメンションを防げなかった世界」を生んでいるのでしょう。それこそがマルチバースの1つになるのでしょう。マーベルの原作には「ヒーローがゾンビになった世界」とかのIF設定もありますが、これを同じような生まれ方をしていると理解してとりあえずは間違いないと思います。
 ともかく、平行世界がいくつもあるという設定はアメコミファンにとっては当たり前ですが、そうではない映画だけを見ている層には理解しにくいところです。シリーズも1つの佳境に突入しているこのタイミングでその辺もきっちりフォローしておくのは必須だったのでしょう。

 ドクターストレンジは続編で完成する?
 本作のテーマの1つに、大義のために小事を曲げるべきか否かといった問題設定があるように私は思いました。
 本作でエンシェント・ワンはダークディメンションから力を得ることを固く禁じていました。それに反発したカエシリウスがダークディメンションから力を得るところから本作の物語が始まります。しかし一方で、エンシェント・ワンは自身も長寿のためにダークディメンションから力を得ていました。
 それはダークディメンションの侵攻から地球を守るためでしたが、自身で禁じたことを自身で犯したことに違いはありません。そのことに関して、ストレンジは割と柔軟に考え問題視しませんでしたが、兄弟子のモルドは違いました。ストレンジが地球を守るために時間を戻したことも手伝って、2人は袂を分かってしまいます。
 本作の最後(スタッフロール後の映像)は、モルドが魔術の力で足を治した男を襲いその力を奪うところで終わります。ドクターストレンジ単体ではこのテーマに決着がついていません。これが単独映画2作目で問題となるのか、登場が予想されている『マイティ・ソー:ラグナロク』で浮上するのかは不明ですが、真にドクターストレンジの物語が完成するのは、このテーマにストレンジが正面から向き合ったときであろうと思います。
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック