2016年12月25日

【読書狂の冒険#047】 加納正顕/F.E.A.R『ダブルクロス The 3rd Edition リプレイコスモスB この宙に誓って』富士見書房

 本年最後の書評はリプレイコスモス。このテーマで取り上げたリプレイの中で唯一全3巻全てを読んだシリーズだ。たまたまブックオフに全部そろってたんですよね。

 本作はスタンダードなリプレイを目指すことをテーマとした作品。宇宙からやってきたフェイドアウトと神戸第三支部のメンバーとの交流と成長を描く……といったあらすじだけを書けば確かにスタンダードっぽい作品である。しかし登場人物のうち、支部長を担う人物が「支部長ロボ」という名のレネゲイドビーイングであるところかちょっとずつ雲行きが怪しくなっていく。
 とはいえ、登場人物の残り2人が高校生であるためもあってストーリーとしてやはり王道を進んでいる。第1巻ではフェイドとの出会いと親友を守るPC1の信念を、第2巻ではPC2の恋愛模様とそれを見守るレネゲイドビーイングたちの困惑をそれぞれ取り上げている。友情や愛情といった概念を理解していないフェイドを始めとする地球外のレネゲイドビーイングたちと人間とのやりとりというのは、人間ではないものとの交流としては定番中の定番だろう。

 そうした極めてスタンダードなシナリオの中で異彩を放つのは、やはり“支部長ロボ”ユピテルの存在感だろう。スタンダードって言っているのになぜ支部長がロボットなのだろうか。
 しかしシナリオが進むにつれて、支部長ロボの存在意義が明らかになっていく。人間の感情を理解していないフェイドと、その人間である高校生PCたちの間を取り持ち、かつ彼らを一緒に導ける存在は、ロボットでありながら人間の感情を尊重し達観したような姿勢も見せるユピテルしかありえない。PC間の人間関係をスムーズに進めるにはうってつけの存在だったというわけだ。
 キャラクタークリエイトはTRPGにとって特に重要なステップだ。戦いはセッションが始まる前に既に始まっているというわけだ。1つの卓に4人から5人いるPCたちのなかで目立つためにはある程度突拍子もない設定をつける必要がある。例えばロボットとかだ。
 しかしあまりにも突拍子もなさすぎると様々な面でシナリオ上の困難を呼び込むことになる。例えばフェイドの「人間の感情を理解していない」というのも1つの困難だ。いつもならすんなりいくやり取りがややこしいことになる危険性をはらんでいる設定であるからだ。しかしまあこれくらいならまだいい方というのが、いろいろな卓を野良で経験した私の率直な感想でもある。
 その点、一見奇抜な設定ながらシナリオを円滑に回す役割を担うキャラクターを作り上げたPLである矢野俊作は見事だった。流石に作者ご本人は伊達ではないということか。
 ロールプレイングは役割を演じるという意味だ。ただのなりきりではなくて、役割を演じるのだというのがTRPG初心者によく言われるアドバイスだ。支部長だから周囲の人間関係をきちんと円滑に回すというのは、まさに役割を演じることを全うしていると言えるだろう。

 そういう意味では、PLとしてのスタンダードも志向したのが本作だと言えるだろう。型なくして型破りなし、王道なくして邪道なし。「私の狂気は君たちの神が保障してくれる」的なやつである。
 様々なTRPGシステム、リプレイ動画が乱立する中でもう1度立ち返りたい基本である。

 さて、今まで1年以上定期的にやってきた連載だったが、来年から不定期更新にすることにした。知っての通り?小説を書き始めたので時間的なリソースの分配を考え直す必要が出てきたという理由と、やっぱり4冊から5冊1つのテーマで選んでくるのが大変という理由がある。そんなに系統立てた読書経験はしていないのだ。それに、定期的に更新しようとすると結局記事1つのクオリティが落ちてしまうという問題もある。
 これからは書評を書きたい本があったら書くというスタイルにしていくので、また機会があれば読んでいただければと思う。
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書狂の冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック