2016年12月18日

【読書狂の冒険#046】中村やにお/F.E.A.R『ダブルクロス The 3rd Edition リプレイメビウス1 キミだけが望むすべてだから』ストリエ

 リプレイの3つ目は、メビウスから。無限に円環が続くメビウスの名の通り、主人公たちがループから抜け出すことを目的とする、少し変わった物語だ。ちなみに、前回紹介した『春日恭二の事件簿』に登場するPCの1人墓守清正が初登場したリプレイでもある。
 そして、ここだけ出版社の表記富士見書房ではなくストリエなる聞きなれない名前になっているのだが、これにも理由がある。ストリエというのは実は出版社ではなく、イラストや吹き出しを使ってストーリーを作ることのできる投稿サイトのこと。ここにドラゴンブックの公式チャンネルがあり、メビウスの第1話が配信されているというわけだ。
 ちなみに、別の投稿サイトであるカクヨムではメビウス最終話直後の墓守清正とネズミのストーリー『Virtual Light Incognito』、さらにサプリメント『レネゲイドウォー』にちなんだ彼らのストーリー『The Show Must Go On』がPLである田中天氏によって公開されている。カクヨムには他にも公式のレーベルが公開している作品が多くあるようだし、作品のプロモーションの仕方もちょっとずつ変わっているのかもしれない。
 というわけで、今回は1冊ではなく1話に対する書評ということになる。

 本作のテーマの1つが、さっきも書いたように「ループ」だ。第1話では時間がループすることになる。これはもはやループもののお約束だが、キャラクターによってループしている回数にばらつきがあるのが、1つ面白い展開を呼ぶことになる。PC1である緋蜂紅はループのことを知らないままにシナリオに突入する。PC3である墓守清正やPC4である篠月秋雨はループを知っている。そしてPC2鳩宮アンゼリカは知っていることを隠している……といったようにだ。無論この違いはNPCにもあり、それがストーリーに深みを与えていくことになる。
 そしてループなのだから、当然周回する。1周目で出来なかったことを2周目にするのか、わかってて同じことを2周目にするのかでPCのキャラクター性がはっきりと見えてくるのも面白い。ちなみに紅は「わかってて同じことをする」タイプのようだ。そっちのほうが主人公している感じは強いだろう。

 そしてもう1つのテーマが「秘密」だ。ここに登場するキャラクターは多かれ少なかれ秘密を抱えてシナリオに参加している。今回は1話しかなく、続きは見られないのですべてが明らかになるわけではないが、それでもそこそこの秘密が明かされている。続きを読みたくさせるという意味では、1話でまずはスッキリ終わる……といったことのない本作をプロモーションに使ったのは正解だったのかもしれない。
 それをリプレイを見て思うのが、やはりPLそのもののレベルの高さだ。秘密を抱えた上にループするという複雑なシナリオを破綻なくまわすには、GMだけでなくPLの協力も必須である。シナリオの意図を十分に把握し、適度に引っ掻き回しながら演じることができるのは、流石だろう。寄せ集めの野良卓で同じことをやろうとしても、中々こうはいかないだろう。そもそも顔見知りではない人々による卓では意図を共有するのも難しいが。
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書狂の冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック