2016年12月09日

【真田丸から抜き取る創作ヒントその1】徹底と例外 リフレイン

 もうすぐ終わりますね、真田丸。これほど熱心に見た大河は『平清盛』以来です。もっとも、清盛と真田丸では面白さのベクトルが違うので、比べる気にはなりません。「蜜柑とステーキ、どっちがおいしい?」みたいな話だと思います。
 さて、流石日本を代表する脚本家三谷幸喜。物語の構造として感心感嘆させられることばかりです。三谷作品は過去に『ステキな金縛り』や『清須会議』を見たことがあるのですが、真田丸ほど長期の作品を、しかもがっつりとみた経験はないので、三谷幸喜の脚本家としての実力をまざまざと見せつけられたのは、初めての経験だったと言っても過言ではないでしょう。
 そこで、覚書程度のいい加減なものですが、私が今後何らかの作品を作るうえでヒントになりそうなことを、真田丸から抜き出して書いておこうと思い立ち、記事を立ち上げました。最近書評以外の記事がさっぱりでしたし、ドラマの記憶が鮮明なうちに、やっておこうと思います。
 一応、第48回までの真田丸放送分のネタバレに注意してください。

 徹底の力
 第1回は、徹底と例外、リフレインと銘打ちました。まずは徹底です。
 この力をはっきりと実感することになったのは、第44回『築城』です。いつも真田丸はアバンなしで、OPをいきなり流し、前回までのあらすじを有働アナのナレーションで流すという手法をとっていました。しかしその回では、OPもすっ飛ばしてナレーションが入り、ドラマが始まりました。そして番組最後、ついに真田丸が完成した時の高梨内記と幸村の会話「城の名はなんとします?」「決まっておるだろう、真田丸よ」からでかでかとタイトルの表示されるOPが始まるという演出に視聴者は釘付けとなりました。
 まず、アバンなしのOP入りという徹底した演出で視聴者を慣れさせ、これをここぞというタイミングで崩しました。この時視聴者は、あれ?どうしたんだろうという疑問と共に画面に食いつかされることになります。もしこれが、このOP入りの徹底を破り、何回かアバンありの回を設けていたとしたら、ここまでの効果は生まれなかったでしょう。演出としては、ただアバンをなくしただけでしたが、これを44回も繰り返した後に1度だけ崩したために、強力なエネルギーが生れることとなりました。

 また真田丸には、回想が1回の例外を除き全くありません。故に、大河にありがちなスタッフロールである「豊臣秀吉(回想)」みたいな表記も出てきませんでした。
 その1回の例外というのが、信繁が九度山から大阪へ行くことを決意する第40回『幸村』でした。きりに背中を押された信繁が思い出す形で、自分にかけられてきた言葉を回想していきます。そこで初めて、過去の映像を使うという意味での回想が行われるのです。
 ここも、普段から回想を多用していればただの回想シーンの1つとして片づけられてしまっていたでしょう。しかし、今まで1度も使わず、この回で初めて使うという手法をとったために、印象的なシーンに仕上がりました。

 徹底の力を言い換えると、一貫したテーマや登場人物の行動ということにもなるのですが、それは別に項を設けて書くことにします。

 リフレイン
 印象的な演出を繰り返すというのも、単純ながら効果的な力を発揮する表現でしょう。代表的なのが、第45回『完封』で、幸村の息子大介が舞った高砂です。これは言うまでもなく、第13回『風雲』で幸村自身が舞ったことの繰り返しです。もしこれが、前者のみあるいは後者のみであればなんてことはない演出ですが、親子2代にわたってリフレインすることで世代交代も少し印象付けるシーンになりました。
 また前述の回想回において、鈴の音がなっていたのもリフレインの1つです。この鈴は年老いた秀吉に何かあった時に、すぐに傍の者を呼ぶことができるように信繁が用意したものです。この鈴が回想の間鳴り響くことで、大阪に呼ばれているということを視聴者に深く印象付けました。
 リフレインと言っても、ただ繰り返すだけでは面白味がありません。少しだけ変えて再び提示することで、2つのシーンにおける相似と相違を強調することにこそ、意味があるのでしょう。
posted by 新橋九段 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444726657

この記事へのトラックバック