2016年12月05日

【読書狂の冒険#044】伊藤和幸/F.E.A.R『ダブルクロス The 3rd Edition リプレイジェネシス@ 放課後のアルテミス』富士見書房

 遅れて飛び出てじゃじゃじゃじゃん。今月からのテーマはダブルクロスリプレイ。カクヨムへの投稿といい単にダブルクロスにはまっているだけじゃないのと言われれば返す言葉もないが、私のブログなので好き勝手やらせてもらう。
 しかしさすがに、ダブルクロスって何だという説明抜きに話を始めるのは、TRPGに明るくない読者に不案内にもほどがあるので、説明させていただきたい。ダブルクロスというのは、電源なしでRPGを楽しむゲームの形態であるTRPGの1作品である。PLたちは現代社会に生きる超能力者「オーヴァード」になり、邪悪な敵である「ジャーム」に打ち勝つことを目的とし、協力して戦うのである。本作のポイントが、「オーヴァードの存在は一般人には秘匿されている」ことと「オーヴァードは暴走するとジャームになる」ことだろう。つまり、オーヴァードとなったPLは、そのことを知らない一般人である友人といった大切な人たちに、そのことを明かさぬよう孤独に戦わなければならないし、自分も敵と同じ存在になる恐怖を乗り越えなければならない。

 で、本作はDXの第3判、現在一般にプレイされているルールブックの発売以降初めて発表されたリプレイになる。コンセプトは「経験者と初心者が一緒に楽しめるシナリオ」だそうで、実際にPC2はOPではオーヴァードに覚醒していないという設定になっている。
 あらすじとしては、一般人の女子高校である敷島あやめが、ある日ジャームに襲われオーヴァードに覚醒したことに端を発する物語と言ったところだろう。ジャームと戦う組織であるUGNの基本設定、セッションの進め方などの基礎もきちんと説明してくれているので、まさに初心者向けと言ったところだろう。
 ダブルクロスのセッションに登場するPCというのは、本作の敷島あやめのように「セッションのOPで覚醒すると」いう指定が無ければ、大半の場合セッション以前にオーヴァードとなっているものである。それは、そのままPCたちが既に非日常の世界に親しみ、ジャームとの戦いに何ら疑問を抱かずに加わり、そして躊躇いなくぶっ殺すことを意味している。無論PC個人の設定としては、過去にそのことへの葛藤もあっただろうし、セッションをしている最中にもしているかもしれないが、スムーズにシナリオを進める都合上、ハンドアウトで求められない限りはそのような葛藤が表に出ることはない。
 だからこそ、多くのPLにとって敷島あやめのような「覚醒したてのオーヴァード」は、読者という立場でもPLという立場でも魅力的に見えるのだろう。日常から非日常への移行、そこに現れる戸惑いやためらいといった、その役割特有の要素を演じることができる機会というのは、そうそうあるものではない。

 それと、これは本作に限った話ではないのだが、セッションはやはりキャンペーンに限るかもしれないというのが私の持論である。日程が合わせやすく、シナリオも調達しやすい単発セッションも十分楽しいのだが、キャンペーンにはその困難に見合った楽しみがあると思う。
 その最大のものは、自分のキャラクターが他人のキャラクターと交流し、自分1人では見つけられなかった側面が明らかになったり、予想の出来ない方向へ流れていったり、今までの積み重ねがRPに反映されたりといったものだと思う。要するに、自分1人ではできないことが、みんなでやればできるということに尽きるのだろう。しかしそれは、単発のセッションでは時間が少し物足りない。3話4話と積み重ねるからこそ得られるものもあるのだ。
 本作のような文庫本1冊分の物語を1人で書こうとするのは大変な困難だ。しかも、書き上げたところでその世界を共有してくれる読者が現れるとは限らない(読んでくれても、反応が返ってこないとあまり共有したという気にはならないだろう)。しかし、セッションであれば1人で書き上げるよりは容易く、それだけの厚みを持った物語を作り上げることができるし、出来上がった時には既にその世界を共有してくれる人々がいるのだ。

 本作はその後、調べた限りでは4巻まで出るようなのだが、手元には1巻しかないので、その後の彼らの物語はわからずじまいである。案外本屋に売ってないし、この手のリプレイは結構ブックオフとかに並んでたりもするのだが、見たことはない(アリアンロッドの方が多い印象)。
 しかしまあ、物足りなければその先は自分で作り上げることができるのがTRPGのいいところだろう。
posted by 新橋九段 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書狂の冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444633976

この記事へのトラックバック