2016年11月24日

カクヨムに投稿を始めました

 というわけです。
 すげぇ大昔に小説をほんの少し投稿していたことがありまして、その時のことを少し思い出しながら書いていました。
 現在第4話が投稿されています。1日ごとに1話ずつ投稿され、最後のエンディングは一気に排出するようにしています。そんな細かい設定に意味があるのかは不明ですが。

 Second Chance

 作品としては、ダブルクロスで過去に使用したPCたちのセッション以前の物語を描いた短編となります。勢いだけで書いた割には綺麗にオチがついたと自画自賛しています。あくまで「割りに」のレベルですが。
 CoCから入ったプレイヤーである私としては、キャラクタークリエイトの時点で一定のライフパス、つまりキャラクターのバックボーンの創造を要求されるDX3のシステムがまず驚きでしたし、その方がキャラに深みが出ていいなぁと思っていました。
 一方で、CoCほどPCの継続が簡単ではないという現実もありまして。CoCは成長と言ってもたかが知れていますし、成長にはデメリットも伴うので余程極端なことがなければどこかで死ぬのですが、DX3では結構成長しきった最強キャラを作れてしまうんですよね。そのことによるゲームバランスへの配慮(経験点130点を想定しているシナリオに200点のキャラをぶっこむのは流石にまずいでしょう)と、ハンドアウトの制約があって別の卓にキャラが登場することが思いの外難しい印象があります。案外私が知らないだけで、ほいほい継続で出している人もいるのかもしれませんが。
 そういうわけで、結構作り込んだのにこのまま箪笥の肥やしになるという惜しいPCが増えていってしまったので、少しでも小説に登場させて供養しようかなというのも動機の1つです。

 あんまり小説の部分に書くと興ざめかなぁと思って書かなかった、登場するPCたちについてもう少し書いておこうかと思います。結局書くんかいというのはさておいて。

 “セカンドチャンス”牧原双二
 上級ルールブックのサンプルシナリオMemorial blossomのPC1として登場したキャラです。体の95%が機械で出来ているという、Dロイス<機械化兵>の所有者でしたが、同じ卓にコンピュータープログラムと鳩のレネゲイドビーイングがいたために、全然奇抜な設定には見えなくなってしまいました。特にプログラム、ちょっとキャラ被ってるやないかい……。
 初のPC1ということで自分なりに気合の入った造形であることがキャラシの端々から伝わってきます。セッション中は機械の体である利点と苦悩をきちんと出せたと思いますが、今回の作品では利点ばっか注目されています。勢いで書いたので、苦悩を描写する余裕がなかったんです。

 “ジュークボックス”咲口十九朗
 キャンペーンDEEP FRONTのPC3として登場しました。ノイマン/ハヌマーンの支援型。私の支部長街道の2番走者です。支部長をやることが多いんですよね。このころは支援型も多かったと思います。支援型、しかもノイマンのそれのRPは難しいので、今作の演出は満足しています。
 こちらは初のキャンペーンで使用したキャラですが、結果的に細かい設定が決まっていった感のある人です。3回もセッションをやるとそうなりますよね。実はUGNの実験の末に生まれたのだとか、同じ境遇の19人の兄弟姉妹がいるのだとか、十九朗ってつまり19番目の子供って意味なのだとか、いろいろと細かい設定もあるのですが、それの出し方に困ってます。もう彼メインのキャンペーンを作るっきゃないですね。
 この設定の唯一いいところは、今後キャラクタークリエイトの際に咲口+数字関連の名前にしておけばいつでも彼と絡ませられるということです。
 今作の最後に描写されていたあれこれは、私が実際にセッションの最終回で無理やりぶっこんだ設定が元になっています。想像より好評をいただいたようなのでよかったのですが、あまりいい例ではなかったなとも思います。どうしてもセッションを「俺たちの戦いはこれからだ!」で終わらそうとする癖があります。

 “トランスミッション”
 この子に関しては勢いだけで書かれた作品の、さらに勢いだけで誕生したキャラクターなので、特に何も言うことはないです。ただ、見出しに使った「テンションのダートロード」という表現は気に入っています。
 勢いだけのキャラなので、当然シンドロームすら決まっていません。名前が決まっていないのは、UGNチルドレンは独立までコードネーム以外の名前がないらしいというサンプルシナリオ由来の設定で逃げました。メイン2名が男なので、1人は女性が欲しいなという思惑と、<運転>メインのPCって面白そうだよなという思いつきがそのまま出力された感じです。
 トランスミッションというのは自動車のパーツのうち、歯車を組み合わせて運動エネルギーの方向を変えるギアボックスのような部分を指すらしいので、歯車がかっちりはまった時の彼女の強さを結果的にはうまく表せたんじゃないかなと思います。はい、作品完成までトランスミッションの意味も分かっていませんでした。
 勢いだけといえば、敵として出したFHエージェントや、“ヘイトフル”も勢いオンリーの造形でした。造形っていうか、“ヘイトフル”は黒焦げの状態での登場でしたが。同じコードネームのPCを使ったことのある人がいたらどうするんだよと思います。それは前掲の3人にも当てはまることですが。同じ支部に来た人がコードネーム被りとか絶対妙な空気になりますからね。うわっお前も“ヘイトフル”なのかよみたいな。

 今後、どのような作品を投稿するのか、そもそもこの後に作品が続くのかも含めて不明で未定です。一応、ミステリめいた作品は書いているのですが、この調子だと果たして完成するのか……。
 あまり期待せずに、楽しみに待っていただけたら。
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444296546

この記事へのトラックバック