2016年11月16日

ポケモン・ジェネレーションギャップ?『ポケットモンスターホワイト』レビュー

 今回はポケモンホワイト。所謂第5世代のポケモンだが、私は今までやったことがなかった。1年前の『ポケモンY』以来久々のポケモン体験は、やはり驚きに満ちていた。

 新ポケモンばっか!
 まず驚いたのが、クリアまでに登場するポケモンおよそ150体の全てが新ポケモンであるということだ。今までのポケモンって、大抵洞窟にはズバットやイシツブテが出てくるし、釣りをすればコイキングだし、岩山の草むらを歩けばワンリキー、時々ピカチュウだったはずだ。今回は一切出ない。洞窟にはコロモリやガントルだし、釣りはそもそもクリア後でないと出来ないし、岩山の草むらにはナゲキである。
 旧ポケモンは一応、クリア後に行けるようになるエリアにいるのだが、やたらレベルが高い。クリア後のこちらのポケモンの平均レベルは50前後なのだが、トレーナーのポケモンは平気で65とかだったりする。野生もこんな感じなので捕まえるのも一苦労である。第一、クリア後では捕まえても出番がない。
 そういうわけで、生まれてはじめて「新ポケモンのみでパーティー構築」という縛りプレイめいた事態になったわけだ。ちなみにこれで第1世代以外すべての世代でプレイしたことになるので、新橋九段の歴代レギュラーポケモンは

 クリスタル:オーダイル・スイクン・ゴローン・マルマイン(以外覚えていない上にうろ覚え)
 ルビー:ラグラージ・マッスグマ・バグオング・マグカルコ・クチート・グラ―ドン
 パール:エンペルト・ゲンガー・ロズレイド・カバルドン・レントラー・ムクホーク
 ホワイト:ダイゲンキ・デンチュラ・テッシード・シャンデラ・ワルビアル・ココロモリ
 Y:ゲッコウガ・カメックス・ライチュウ・アママルガ・オノノクス・ファイアロー

 という感じになった。ホワイトでのポケモン選定での感想としては、ダイゲンキのラッコ要素どこ行ったとか、最後に土壇場で入れたデンチュラが滅茶苦茶活躍したわりに最終決戦ではゼクロムに取って代わられて後悔したとか、テッシード意外とオーソドックスな草の技覚えないなとか、カバルドン育てたことあるしキャラ被ってるワルビアル外そうと思ってたけど結局最後まで残ったなとか、やっぱシャンデラ強いなといったあたりである。旅の途中ではムンナ・マメパト・ドッコラー・バオップ・ハーデリア・チョロネコあたりが活躍してくれた。
 しかしこうしてみるとノーマル2体、水弱点2体の構成であるルビーのレギュラーの酷さが目に余る。恐らくクリスタルの方が酷かったと思うが。そして割とオーソドックスなタイプであるはずの草が30体中2体しかいなかったり、その割にじめんタイプは結構食い込んでいたりと面白い傾向がある。
 今後サン・ムーンもプレイするつもりであるが、最初のポケモンは例によって水タイプと決めている。

 システムにも驚き
 やはりホワイトのプレイ中に驚いたのが、システム面の変化である。まずジムバッチとひでん技が対応していない。つまりバッチ獲得→ひでん発動という流れがなくなっていたのだ。
 またきのみを育てるくだりもばっさりカット。あれで手に入る、特に状態異常回復やPP回復のきのみ結構便利だったんだけど……。
 展開面での驚きは、ライバルに相当するキャラが結構大勢いたことがまず挙げられるだろう。まさか御三家両方と戦うことになるとは思わなかったが、図鑑埋めにはいいかもしれない。また最後の、殿堂入りして終わりという展開が崩れたのも驚きだった。ゲーチスは強すぎる。

 まあでも、一番驚いたのは私が新ポケモンの名前を一向に覚えられなくなっているということだったが。アルビアルなんて最近までワルアビルだと思ってたし、ハハコモリとココロモリはややこしいし、この記事を書くときに何度確認したかわからない。
 すでにポケモンは700体近くに膨れ上がっている。こうしてみると子供たちの新規参入も大人たちの継続も結構大変な状況になっているかもしれない。そんな中、第1世代ポケモンを一気に復習できるポケモンGOの登場は丁度いいと言わざるを得ないだろう。
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック