2016年11月13日

【読書狂の冒険#041】成田良悟『バッカーノ! 1931 鈍行編 The Grand Punk Railroad』アスキーメディアワークス

 今はもう、学校の図書館にライトノベルが置いてあるのは珍しくないらしい。私の時代には、全くなかったわけではないけれど珍しいものであったことは確かだ。時代に応じて、ジャンルの評価も変わってくるということだろう。図書館なんだからもっと「ちゃんとした」本を勧めればいいのにと思う一方、どんな形であれ来てもらわないと意味がないというのも事実なわけで、なかなか悩ましいことだろう。

 今回取り上げる『バッカーノ!』シリーズは、私の時代に図書館にあった数少ないライトノベルである。図書館に置くラノベとしては、まあ妥当なラインではないだろうか。
 本作は錬金術師によって作成された酒を飲み不老不死の存在である「不死者」になった人々(主にアメリカのギャング)を中心に展開される物語だ。主人公の一人称視点が多い他のライトノベルとは一線を画し、群像劇の様相を呈している。大量のキャラクターを決して埋もれさせることなく魅力的に活用し、かつ話もしっかり展開し収束させていく筆者の手腕は見事だ。
 本来ならばシリーズの第1巻をタイトルに持ってくるべきなのだが、何故か学校の図書館には第1巻がなく、私が初めて読んだのがこれだったのでそれにちなむことにした。1931はタイトル通り1931年が舞台であり、大陸横断鉄道に乗り込んだ不死者たちと、意味不明な暴力集団にテロリスト、さらに謎の殺人鬼の殺し合いと化かし合いを描いている。

 本作、というか成田良悟作品の魅力は、先にもちらりと書いたが群像劇のうまさである。キャラクター過多というのも今のライトノベルの特徴かもしれないが、成田はそれがラノベの主流になる前にやり出し(このころはまだ、閉じられた人間関係の方がラノベのメインだった気がする)、しかも今から見ても過多にもほどがあるほどの登場人物を出して、挙句ストーリーはきっちり回すのがすごいところだ。私が編集者ならまず間違いなく「登場人物を減らすかもっと段階的に出せ」と修正する。その辺の匙加減は、編集者の功というべきなのかもしれない。
 舞台が現代日本でもなければどこかの異世界でもないというのも、珍しいことではある。『キノの旅』を選んでおいてなんだが、舞台が現代日本ではないというのは当時でも珍しかったはずだ。今ならもっと珍しいのかもしれない。少なくとも舞台が昔のアメリカという例は、私はこの作品くらいしか思いつかない。ジョジョが読者を獲得するために主人公の日本の高校生にしたみたいな話はよく聞くが、読者が想像しやすい日本でもなく、思い切り吹き飛ばした異世界でもないという判断もなかなか思い切ったものだと思う。
 ただ本作もライトノベルの常道から外れていない部分がある。キャラクターを中心とした物語、一種のキャラ小説であるという点だ。これだけの群像劇を成功させようとすると当然そうなるのだが。ただ登場するキャラクターがラノベにありがちなステレオタイプ的な要素ばかりではないというのはやはり注目すべきだろう。舞台設定とギャングや錬金術師、不死者といった設定面だけの話ではない。世界の全てを殺そうとする奴やらなんやら、危ない薬を決めたような連中がわんさか出てくるし、それに負けないくらい強烈なのにそこそこまともな人間も結構出てくる。彼らを今のライトノベルの語彙で表現するのは難しいだろう。「ツンデレなキャラ」とか言われてこいつですということは、ちょっとできない。

 小説というのはある程度型にはまらなければいけない部分もあるものだが、そこからいかにうまい具合に逸脱できるかが作品の面白さを決めるのだろう。そういう意味では本作は、うまい具合にライトノベルの型から逸脱し魅力を引き出せた作品と言えるだろう。
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書狂の冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443711116

この記事へのトラックバック