2016年10月22日

【読書狂の冒険#039】山野車輪『マンガ嫌韓流』ムック

 今までいろいろな意味で駄本と評価できる本を紹介したが、このテーマでこの本を紹介しなければ手落ちというものだろう。今やネトウヨのバイブルと言っても過言ではないのが本書である。ただただあらゆるうわさと想像力を駆使して韓国を悪し様に言うことに情熱を燃やした、もうその時点である種病的な本だ。漫画だから文字を追うのが苦しいネトウヨにも受け入れられた。ネトウヨのいうデマの大半の出典がここだと言ってもいいだろう。

 私がこの本に出会ったのは高校生の頃。最寄り駅の入っていた建物には書店も入っており、そこに本書が並べられていたのである。高校生の私には本書の内容が正しいかどうか判断することが出来なかったが、なんとなく嫌な感じがして本書の内容を信じることはなかった。今では、その直感を持てた幸運に感謝している。
 本書に感じた嫌なものの原因は、韓国人をありとあらゆる面で罵ろうという異様な情熱が表現に溢れていることだった。例えば、何かの理由で(思い出せないし読み返す気もないが)日本人と韓国人が議論する展開があったのだが、その時作者は論敵である韓国人を非理論的かつ感情的な人物として書いている。ディベートだったので両陣営とも複数人いたのだが、その韓国人サイドの全員をそのように描いていたのだ。一方のイデオロギーに固執し、全体像が見えなくなっている作者がよくやる手法である。自分のサイドを頭よさげに描けないから、相手を貶めて相対的に自分を上げようとしているのだが、結局のところ自分サイドのレベルが上がっているわけではないので作者の地力が露呈するだけだったりする。本書に出てくる韓国人は皆エラがはって目が細いという、韓国人ステレオタイプを反映した外見をしているのだが、これも作者の現実認識能力が低いことを自ら開陳しているに過ぎない。
 さほど利口そうに見えない日本人サイドの男子高校生が、ズバズバと韓国人を「論破」していくという今どきのラノベめいた構造も、今思えば示唆的だった。

 本書が出始めたころに、既にネトウヨは存在していたが、そのころはまだ「荒らし」と同じようなカテゴリであり、馬鹿で迷惑な奴といった認識だった。このような本も、政治関連の棚に置かれてはいたものの「芸能界の真実!」みたいな与太本と同じような扱いだったと思う。
 しかしあれから年月が経ち、状況は変わってしまった。今やネットを多用する人々はネトウヨ的な思想、認識を多かれ少なかれ受け入れていない方が珍しいといった感じですらあるし、オタクと呼ばれる人々はほぼイコールでネトウヨになってしまったと言ってもいい。本書のような、本来与太本であるはずの本が今や政治関連の棚に「現代ビジネスマンの教養でござい」といった面構えで並び、落ち目のジャーナリスト、評論家気取りが食い扶持を稼げる程度には市場が拡大してしまった。
 それが日本人の本性の発露であるのか、本書のようなものを放置した結果の増大なのかはさておくにせよ、本書が日本社会に落とした影は今まで取り上げた本の比較にならない。本書を駄本と評するのは、問題の矮小化だともいえるのかもしれない。
 本書のようなヘイト本に対して、ようやく出版社も真面目に考えるようになってきた。本書のような表現が表現の自由の範疇であるとはとても思えないが、しかし憲法がそれを保障している以上、最終的には作者、出版社、書店、そして読者の良心によってこのような本を防ぐしかないのだろう。
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書狂の冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443026361

この記事へのトラックバック