2016年10月08日

【読書狂の冒険#038】適菜収『日本をダメにしたB層の研究』講談社

 日本をダメにしたのはどっちだ?というわけで今回取り上げるのは、どこの馬の骨かわからない、自称哲学者の著者の1冊。
 本書は、日本を「B層」がなぜ、どうしてダメにしたのかを述べるいう、この時点ですでに中身がなさそうな本だ。B層って何だよと思った人は、ぜひそのセンスを忘れずにこれからの人生を歩んでほしい。著者曰く、電通のマーケティング資料にあった分類で、低IQかつ小泉政権の構造改革に賛同するような人々のことを指すらしい。
 かなりふわっとした定義だが、後述するようにこのふわっと加減が実は重要なのだ。そもそも電通のマーケティング資料云々の時点で老舗洋食屋のオムライス並みにふわっとしているが。

 結論から言うと、本書はB層なる人々をこきおろしているものの、読者としてのメインターゲットもB層という奇妙にねじ曲がった構造を持った本になっている。というか、本書を読むにつれB層なる人々をバカにしている著者の思考形態こそが、このB層に当てはまっちゃうんじゃないか、ようするにただの同族嫌悪か投影かだろうという疑いまで首をもたげてくる。
 なぜ本書はB層を馬鹿にしつつその手法が「B層」的なのだろうか。それは本書の批判形態という言うのが簡単に言えば「誰かをふわっとした理由で馬鹿呼ばわりする」という手法だからだ。いかにも低IQでよくわからないけどセンセーショナルなものを支持してしまい人々の手法と言える。
 「ふわっとした理由で馬鹿にする」の最たる例が、民主党の某議員を馬鹿にするくだりである。著者は、なんと議員を馬鹿にするのに骨相学を持ち出し始めたのだ。議員なんだから、掘ればいくらでも馬鹿にできそうな材料はあるだろうに、なぜそこで骨相学なのだろうか。さっぱり意味がわからないし、それで人を馬鹿にできると思っているのであれば「バカという奴がバカ」という往年の慣用句をプレゼントするしかなくなる。

 ところで、なぜ本書はB層を馬鹿にしつつB層をターゲットにするという器用なことができるのだろうか。それは、前述のようにB層の定義がふわっとしていることに秘密がある。
 B層の定義は「低IQ」かつ「構造改革を支持している」だった。さて、ここで質問。あなたは構造改革を支持していましたか?もう結構昔の話なので、大半の人は覚えていないと思う。仮に覚えていたとしても「構造改革のあれは支持してたけどこれは支持していなかった」というパターンもあるだろうし、結果が芳しくないことを知ってから後付けで「いやーあれはダメだと思ってたんだけどねー」というパターンもある。ようするに、構造改革への賛否という定義は、一見客観的に見えて案外どうにでもなるいい加減な定義でしかないということだ。
 低IQというのはどうだろう。これは、低学歴ではないところがポイントだ。IQというのは確かに客観的な基準だが、自分のIQがどれくらいかきちんと知っている人はほとんどいないと言っていい。
 自分が低学歴かどうかは割とはっきりわかってしまう基準である。どこの馬の骨かわからない私大卒ならまだしも、高卒の人間が実は高学歴なんだと強弁するのは流石に苦しい。しかしIQはほとんどの人が知らないうえに、理論上は学歴とかみ合わない場合も当然あるから、例えば高卒の人が実は俺は高IQなんだと思い込むことは容易い。
 この2つの、実は当てはまっているけど当てはまっていないと思い込める基準が存在することによって、定義上B層に当てはまるが自分ではB層だと思っていない人が生れる。しかも2つのうち1つでそう思い込めれば十分であるため、B層じゃないと思い込んでいる人の数は甚大になる。だからこそ、B層をこき下ろす本をB層が喜んで読むという喜劇みたいな状況が成立するのである。

 本書はただ中身がないだけなので、このご時世になんて紙の無駄遣いなんだという点を除けば無益なだけである。ただ、本書が現代では当たり前になってしまった、むしろいい加減なライターの生き残り戦略として推奨すらされているのではないかと疑わしくなる「大きな声でとりあえず相手を馬鹿呼ばわりしておく」手法の先鞭をつけたのか、あるいはそのような手法がはびこる前兆だったのは確かだろう。
 B層なお歴々は、そんなしょうもない戦略に引っかかるのはB層だけだとトートロジカルな切断処理をして安心できる面の皮をお持ちなのだろうが、人間が一般的に愚かであることを普通程度には知っている私はそのような安易な切断処理をすることもできないのがなんとも理不尽な気はする。
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書狂の冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック