2016年04月12日

NHKドラマ『精霊の守り人』ファーストシーズン総評

 今、(個人的に)NHKが熱い!
 真田丸人気は言うまでもないことですが、1月にBSで放送されたライブ型謎解き番組『四角館の密室殺人事件』や、その直後に放送された短編ドラマ作品『江戸川乱歩短編集 1925年の明智小五郎』など、個人的に「NHKの本気を見せられた!」とうなる作品が多かったので注目していたのですが、今回もやってくれました。
 綾瀬はるか主演、上橋菜穂子原作の大河ファンタジー『精霊の守り人』です。海外ドラマでは常に一定の供給量を誇りながら、日本では全くと言っていいほど作られてこなかったファンタジー作品に、公共放送がそのノウハウと潤沢な資金をもって殴り込みという気概を見せてくれました。
 ファーストシーズン全4話は既に終わりましたが、原作未読ならぶっちゃけ見なくても公式サイトの情報をさえおさえればセカンドシーズンを楽しめると思うので、今回はセカンドシーズンが見たくなるような『精霊の守り人』のすごいところをまとめておきます。

 1.綾瀬はるかがすごい
 まずすごいのは主演の綾瀬はるか。強さと美しさを兼ね備えた女用心棒バルサを見事に演じています。
 バルサを語る上で欠かせないのはその槍術です。綾瀬はるかはこのアクションをなんと生身でこなします。これは実際に予告編の動画とかで見てもらった方がわかりやすいのですが、普通の女優の動きではありません。
 やはり大河ドラマ『八重の桜』での経験が生きたか……と言いたいところですが、八重はもっぱら銃が専門だったので、アクションはあまりなかった印象があります。それにしても綾瀬はるか、銃を撃って槍を振るって、一体何になる気でしょうか。
 そのアクションについていく方も大変です。ファーストシーズンで一番剣を交えたのは新ヨゴ国の狩人ジン役の松田悟志です。元仮面ライダーとあって?剣さばきはお見事。しかし、若手でライダーを演じてたのはもう10年以上前のはずなんですが、血気盛んな若者という印象がまだ抜けないのも不思議な感じですね。
 もしかしたら綾瀬はるか以上にすごいかもしれないのが、バルサの少女期を演じた清原果耶です。綾瀬はるか顔負けの槍さばきを見せ、「ああ、これは昔のバルサで間違いない」と視聴者を納得させてしまいました。
 セカンドシーズンでは仇敵ログサム役に中村獅童が登場するようです。中村獅童と言えば『レッドクリフ』でアクションシーンを演じていた記憶がありますし、綾瀬はるかとの対決も迫力のあるものになるのではないかと期待しています。

 2.他の役者もすごい
 当然ながらすごいのはアクションをする役者だけではありません。
 映像やサイトの画像で見て、呪術師トロガイ役の高島礼子の変貌ぶりに驚いた人も少なくないでしょう。大河ドラマでは女優がなかなか老けてくれないという声すら聞こえる日本俳優界の現状にあって、老けるどころの話ではなくなっています。あのビジュアルで水の精霊がどうとか、ナユグがどうとか言われた時の説得力は半端ではありません。
 大河ドラマ出演経験のある俳優が目立つ印象もあります。単に偶然なのか、新しいことをやるにあたってNHKと長期の仕事したことのある大河経験者を優先的に起用したのかはわかりませんが、大河ファンには別々のドラマに出ていた役者が共演する姿を見れるのも嬉しいポイントです。
 そして、役者は人間の屑をやる時が一番輝いているのでしょうか。言うまでもなく帝役の藤原竜也です。最初は普通の為政者といった感じでしたが、回を追うごとに化けの皮が剥がれ最後にはいつもの藤原竜也でした。でも視聴者はそれを待っていたんです。第4話では二の妃に子供を産ませようとする一方でチャグムを皇太子として王宮に連れ戻しました。一体何を企んでいるのかはわかりませんが、クズっぷりに拍車がかかることは間違いなさそうです。

 3.森のロケーションがすごい
 このドラマのすごいところは、ロケーションの壮大さ、綺麗さです。第3話の草原など、本当に日本で撮影したのか疑問なくらいの景色が続きます。
 森のロケーションの豊富さも圧巻です。同じような森でも、新ヨゴ国周辺やなどで、地面のでこぼこ具合や生えている木の種類などがそれぞれ異なり、違う場所にいることがはっきりとわかります。バルサたちが旅をしていることが、いろいろな国や地域の特異な建造物が無くても示せているのです。

 今後の課題
 一方で、初の試みということもあって今後の課題もあります。
 1つは原作との兼ね合いでしょうか。私は原作を読んだことがないので一切気にならないのですが、原作にこだわりがある人からは「このシーンがない」だとか「このキャラクターが違う」といった批判も出ています。もっとも、これは原作のある小説を映像にしようとすれば絶対に通る道なので、制作側も視聴者もうまい具合に落としどころを見つけていく必要があるのでしょう。
 もう1つはCGに違和感があるということです。CGは確かにきれいなのですが、元々画面があまり明るくないところに急に明るい映像が来るので、その2つが合わさると違和感があるのでしょう。ニチアサ特撮にありがちな、チープなCGの違和感とはまた違った問題点です。CGを張り切り過ぎたとも言えるでしょうか。

 しかしともかく、原作未読の私としては楽しく見ることが出来た作品でしたので、セカンドシーズンも楽しみに待ちたいと思います……しかし来年1月かぁ。
 NHKは視聴率を気にしなくてもよい立場なので、その強みを生かして壮大な作品作りに挑戦していってほしいですね。それが文化を牽引することにもつながるでしょうし、公共放送としての役割でもあるでしょう。
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436541955

この記事へのトラックバック