2016年02月17日

大須へGo ランチタイム編

 オタクの街
 モーニングを食べた喫茶店から出て、もう一度大須観音を目指す。
 大須商店街は一応、オタクの街と呼ばれている。中古ゲームショップが乱立して互いにつぶし合っていることからもそのことがよくわかる。
 スイッチ専門店などというものもある。スイッチというか基盤の部品とかの専門店だ。電気回路の素人にはさっぱりわからない店なのだが、詳しい人にはそれなりに需要があるのだろうか。
DSCF1336.JPG
 フィギュアやグッツの専門店も多かったが、個人的にひかれたのはアメコミグッツの店SPANKYだ。本当に個人的な話、最近マーベルやDCのアメコミ原作映画にどっぷりなので思わぬ嬉しい発見だった。店内は時期が時期だけにスターウォーズ関連のグッツが目白押しだったが、マーベルもきちんとそろっている。さんざん悩んでアベンジャーズトランプを手に入れた。
 オタクと関係があるかは知らないが、鳥を扱うペットショップも発見した。どうやら休みだったようだが、店内の老犬に餌をやりに来た店主に入れてもらえた。
 昨今のペットブームに逆らうかのように狭くこじんまりとした店内には、多種多様な鳥たちが並んでいる。鳥を飼ってみたいと思ったことはあるのだが、動物を飼うのは大変だし旅行にも行けなくなるので難しい。だいたい今住んでいるアパートはペット厳禁だし。

 紙張地蔵
DSCF1324.JPG DSCF1323.JPG
 適当に歩いていると、不気味な白い物体に遭遇した。夜に見たら幽霊と間違うだろう外見だ。中からミイラでも飛び出してきそうでもある。
 これは紙張地蔵というもので、水で濡らして紙を張るといろいろといいことがあるらしい。
 10円で何枚か張れるそうなのでやってみる。しかしこれが意外と難しい。うまく張らないと剥がれてしまうのだ。確かに周囲には失敗したと思しき紙がいくらか散乱している。あらかじめ水につけておいて張るのがこつなのだろう。
 しかし、撫でてみたり紙を張ってみたり、地蔵の扱いというのは丁寧なのだか適当なのだかよくわからない。原型がわからないほどに紙を張られてしまって、地蔵もいい迷惑だろう。私のようの興味本位で張った者もいるだろうが、大半は本気で何かを願って紙を張り、それがここまで分厚くなったというのはなんだか滑稽だ。是非ともこの紙をべりっと剥がして中の地蔵を拝んでみたいものだが、機会はあるのだろうか。さすがに、定期的に剥がしているとは思うが。

 人生初
 大須観音まで無事に戻ってくる。きちんと御朱印をもらってから、屋台を見てみる。もう何年もこういった屋台で何かを買ったことがない。そういうところへ行く友人もいないし、祭りのような行事ともほど遠い性格のせいだ。
 とは言っても、死ぬ前に一度だけ食べてみたいものがあった。りんご飴だ。興味はあったのだが、屋台の商品の中では優先順位が低かったし、機会もなかったので今まで1度も食べたことがなかった。
DSCF1332.JPG
 というわけで小さいやつ(200円)を購入して食べてみる。
 固い。
 ただでさえ固いりんごを飴でコーティングしたのだから当たり前だが、固い。いや、齧るとか無理でしょこんなん。イメージとしては飴と言いつつ舐めるより齧る感じだったのだが、違ったのか。
 なんにでも先達というのは欲しいものだと思いながら舐めて、外側の飴を薄くできた。満を持してりんごへ到達する。
 りんごの第一印象はすっげーぱさぱさしてるなだった。ぱさついたりんごと甘ったるい飴のダブルパンチで喉が渇く。生れてはじめてのりんご飴体験は、生れてはじめてのまずいりんご体験になってしまったようだった。
 どうやら子供のころ、りんご飴を勧めなかった母親やそれに素直に従った自分の判断は正しかったようだ。これからはおとなしくチョコバナナを食べよう。

 ランチタイム
 一応、今回はランチタイム編と称しているので、昼食も紹介しておく。
DSCF1334.JPG
 どこかのビルに入っていた中華料理屋のランチ、エビマヨ編だ。チョコとバナナが絶対に合うように、エビとマヨネーズは絶対に合う。料理において重要なのは王道を踏襲することであるとわからせてくれる。
 しかもラーメンとライス、サラダにデザートがセットで1000円を割るリーズナブルなお値段。旅行先の名物を食べるのもいいが、迷ったら中華を食べておけばどうとでもなる安定感がある。どこにでもあるしね。
 何気に杏仁豆腐も初めてだったのだが、薬っぽい味がダメだった。

 腹も膨れたので電車に乗り込み家路を行く。観音様をお参りしたのに食欲という煩悩から一切解き放たれていない有様だったが問題ないだろう。大須観音は商売繁盛を祈るところでもある。初めから煩悩に立脚しているのだ。
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック