2016年01月23日

四角館の密室 CATSプレミアムメンバー試験ヒント集

 綾辻行人原作のライブ型推理番組『四角館の密室殺人事件』の放送が本日21時に迫っています。
 この番組では、視聴者から推理を募集しますが、それに応募するにはCATSプレミアムメンバー試験に合格する必要があります。
 この試験、簡単ではあるんですがドツボにはまると苦戦しますし、ヒントをまとめている人も少なく、あったとしても完全ではないかほぼ答えかのどちらかなので、ここに記しておきます。

 Q1
 一番苦戦した。とにかくカルタ同好会云々は一切関係がないので、問題文の数式だけを注視しよう。
 この問題を厄介にしている最大の理由が、同じ概念を数字で表す際に、3つのうち一番右と左の数字での表し方と、真ん中の数字の表し方で違いがあるということである。
 左右の表し方は2桁だけでは成立しないというのが最大のヒントだ。もしかしたら、パソコンの画面を隅々まで見渡せば答えはあるかもしれない。

 鍵のありか
 これ以降の問題に移る前に、私がつまずいてしまった部分を書いておく。それは鍵のありかだ。
 この部屋には鍵のかかった部分が3つある。うち2つの鍵は鍵のかかったロッカーの中だからいいとして、問題は残る1つ。
 これは事件現場をぐるぐるしても見えるように置いてはいないので見つからない。調べられる箇所にカーソルを持っていくと虫眼鏡になることを利用して探そう。殺人現場でまず調べるべきなのは……。

 Q2
 これはヒント不要か。素直に空欄の漢数字を埋めればいい。

 Q3
 カタカナの背景の色が不明瞭でわかりにくいが、これは問題文にある色の順番を繰り返しているだけなので気にしなくていい。
 PDFの問題文を利用するのが便利だ。解明にとりかかる前に、ざっと眺めてみることもお勧めする。
 わざわざ印刷しなくても解ける程度の問題になっている。

 Q4
 これにはヒントは不要だろう。1つくらい見つからなくても予想できる。
 ただし、それぞれのシールは注意深く確かめること。

 Q5
 まずはロッカーの絵を見て、数字に対応するカタカナを埋めていこう。空欄にも対応する文字があるので注意すること。
 次に、Q2からQ4までの答えを変換する。あとはそれが意味する場所を探すだけである。
 少し厄介なのが、やはりQ2Q3が意味するものと、Q4が意味するものが違うということである。この2つは切り離して考えよう。
posted by 新橋九段 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック