2016年01月08日

ジビエ料理をどうぞ『ハントクック』

IMG_0238.PNGIMG_0248.PNGIMG_0230.PNG

 カラスを食べる?
 私はつい最近ようやくコンビニが出来たレベルの山奥の出身なので、猪やアユには親しみがありますが、雉やウサギ、カラスなんかは食べたことがないですねそういえば。
 今回は遊びながらジビエについて知ることが出来るスマホゲーム『ハントクック』の紹介です。
 このゲームはジビエ料理専門店を経営しながら山で様々な獲物を狩り、レストランを大きくしていくのが目的です。
 最初は雉やウサギといったポピュラーな動物を調理していきますが、レベルが上がるにつれて猪や鹿といった大型動物や、ニジマスやヤマシギのような貴重な動物をハント出来るようにもなります。
 本作の魅力は、ディープで細かいジビエトリビアの数々。動物の解体時には店長(犬)が的確なアドバイスをくれますし、狩りのとき時々出会う「カタギさん」(どう見てもヤクザ)はクイズと称してジビエの豆知識を教えてくれます。
 ゲームとしてはシンプルなレストラン経営ゲームといった感じで、獲物を捕まえる際に簡単なミニゲームはあるものの別にこれをプレイしなくても肉は手に入り、そんなに難しくもないのであまりアクション性は求められません。

 時間はかかる
 鍋物やグリル料理に手間暇がかかるところまで再現済みなのか、料理にはとにかく時間がかかる場合が多いです。1時間前後の料理が多いのですが、ストーリーを進めるごとにより時間のかかる料理を作ることを求められますし、牡丹鍋にいたっては驚愕の9時間です。
 一応、鹿のメインオーダーをクリアすると調理時間を短縮するアイテムを購入できるようになるのですが、後述の理由でこの恩恵を受けることはまずないでしょう。
 ハントの際も、自然相手の勝負の難しさを完全再現し、獲物に出会う確率がかなり低いです。一番最初の雉ですら6割程度で、ヤマシギまで行くと4割前半になります。つまりハントに出かけてもその程度の確率でしか肉を手に入れることが出来ないわけです。
 しかもハントに出かけるためにはハントポイントが1つ必要なのですが、これが1時間に1つしか回復しないうえに上限が3つで、この上限は最初から固定で増やすこともできないという代物なので厄介です。3回連続で出かけて1回も獲物に出会えないこともよくあります。
 獲物と出会う確率や1回のハントで入手できる肉の量はハントアイテムをアップグレードすると上昇するのですが、これに必要なコインの数は結構馬鹿にならず、しかも新しいレシピやハントアイテムの購入と並行して行わなければならないためそう簡単にはアップグレードできません。調理時間の短縮なんて夢のまた夢。
 その他、ストーリーを進めるために必要なレシピが確率で出現する「カタギさん」からしか入手できない場合もあったりと、ちょっと遊ぼうと軽く見ると、結構時間を取られるゲームでもあります。

 つい最近アップデート!
 そんな『ハントクック』ですが、木曜日にアップデートを果たし、スッポンと熊が獲物に追加されました。またハントの遭遇率の上昇など難易度を下げる調整がなされたようで、私がプレイした時よりも遊びやすくなっているのではないでしょうか。
 個人的には猫や犬といったもっと親しみのない動物をハント出来るようになるといいと思うのですが、難しいでしょうね。店長犬だし。
posted by 新橋九段 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432261668

この記事へのトラックバック