2015年07月15日

今度は『異世界の闇の中で』生きる

 2か月ほど前に記事を書いたスマホアプリゲーム『異世界に生きる』の続編『異世界の闇の中で』が登場しましたので、早速やってみました。
 今回はサバイバル形式のスコアアタックのようなもので、ストーリーやエンディングはないようです。操作は簡単で、8つのエリアから闇の底と呼ばれる場所を探し出し、そこで寝ると1日が終わります。それを繰り返して冒険をしていくことになります。

 相変わらず理不尽な異世界で
image2.PNG

 世界観は前作を受け継いでいるので、極めて理不尽で腐った世界をプレイヤーは冒険することになります。
 腐れポイントその1、善人がほとんどいない。民家の住人はエリクサー1本でぼったくったりどう考えてもSAN値が0っぽかったりします。ただの住民でそれなので追剥は当たり前、聖職者を装い回復すると言ってきてだまし討ちする無頼の輩も登場します。この世界では誰も信用することが出来ません。
 ごくわずかな善人たちは、死にかけだけどエリクサーと引き換えに能力を強化してくれたり、本当に回復してくれる聖職者だったりしますが、彼らと出会う頃にはこちらの心も腐っているので瀕死の人間を無視して箪笥をあさったり先手必勝とばかりに聖職者もバンバン切り殺します。
 腐れポイントその2、安心できる場所はない。闇の底では眠る回復もできるのですが、眠る直前に敵が攻めてきたりします。敵から逃げるコマンドもありますが常時ほぼ飾りなので戦うほかありません。またただの民家に入ったら巨大蜘蛛が出てきたり、宝箱を開けたら爆発したりミミックだったりします。冒険者の亡骸に祈りを捧げたらアンデットになって襲いかかってくるなんて恩知らずなこともあります。
 そして最も厄介なのがトラップの数々。数々といってもトラバサミのようなホールドトラップか大中小の爆弾しかないんですが、運が悪いとこれで死ぬことになります。というか後半はこれで死ぬ方が多くなります。運が悪いとごっそりHPを持っていかれる上に、トラップにかかった時にはエリクサーは使えませんからね。

 迫り来るモンスター
image1.PNG

 今作にも独特なイラストの、魅力的なモンスターがプレイヤーたちを殺しにきます。今回はレアモンスターという概念もあり、彼らを倒すとジョブの解放に必要な闇の欠片を手に入れることが出来ます。
 しかし今作で最も強いモンスターは、カッコイイドラゴンでもおどろおどろしい悪魔たちでもありません。激怒した鍛冶屋とデブです。もう一度言います。鍛冶屋とデブです。鍛冶屋は武器屋や鎧屋で盗みを働き見つかると襲いかかってきますが、最終ジョブ吸血鬼でも1000ダメージ越えを叩き出して一撃で死にます。デブは普通のフィールドに登場するレアモンスターですが、全力で挑まないとやっぱり死にます。
 他にも、民家で盗みを働くと襲いかかってくる魔人もいますが、倒せないこともないです。ちなみに倒すと民家が燃えます。なんで。
 こんな世紀末かマッドマックスみたいな世界なので、教会の神父にも襲いかかれます。もう襲えない人物のほうが少ないくらいですが、どうなるかは自分で試してみてください。ちなみに彼、金貨3000枚で神について教えてくれますが、とんでもないことを言い出します。私はそれを聞いたとき、愛染隊長の裏切りを知った護廷十三隊の面子みたいな顔になりました。

 闇の中で生きる
 最後に闇の中で生きるコツを軽くまとめて終わりにしましょう。なんせ序盤に登場する「初心者の館」は碌な情報がないうえに金をとりますから。
 現在公開されているジョブは6つ、ただの雑魚冒険者に遠くから一方的に攻撃できるスナイパー、屈強なアスリートに攻撃と回復の出来るマジシャン。多彩な攻撃スキルが魅力な剣聖と回復も同時にできる吸血が強力な吸血鬼です。一度開放すればあとは使い放題なので基本的には順番に開放することになると思いますが、剣聖は飛ばしてもなんとかなるかもしれません。むしろ吸血鬼の方が早く闇の欠片を集められますし。
 やはり吸血鬼が強いですね。某機関の旦那を彷彿とさせる圧倒的攻撃力、完全にCV中田譲治です。ただし防御無視や一方通行攻撃が無いので序盤のレアモンスターにやられやすいですし、トラップのダメージはどうも最大HP依存のようなので油断すると直ぐに死にます。
 生き残るためにはまず体力回復の機会を逃さないことです。神秘の泉や酒場を有効活用しましょう。しかし時には危険を冒すことも必要です。不思議な泉の水に口をつけてみたり、闇の畑のどう見ても怪しい野菜を食べてみたり。あるいは追剥に敢えて逆らってみたり。リスクに見合うリターンが待っているかもしれません。

 気になるのは公開されていない残りの2つのジョブです。ストーリーの続編では勇者も出るようですし、もしかしたら……。
posted by 新橋九段 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック